2016年8月25日 (木)

最高幹部会議、ファミリー読書発表会、オリ・パラ強化選手を関市も応援など

朝、いつもの5キロのラン。

 

市役所に入ってから、打ち合わせや決裁など。

 

午前10時から、部長級以上の最高幹部会議。

 

市政功労者表彰の候補者等や、関市立地適正化計画、敬老会の対応についてなど、協議や報告。

 

今日の会議で報告がありましたが、9月議会に提出する補正予算案の中に、第5次総合計画の策定に向けて先進地視察のための予算を200万円入れました。

 

職員の皆さんも、どうしても目の前の業務に追われがちになり、なかなか先進事例に触れる機会も少なくなってしまうので、今回、市役所の中だけでなく、ぜひ先進地の現場に行って話を聞いて学んでもらいたい、と思います。

 

 

午後からは面談や打ち合わせなど。

 

午後1時半から、「ファミリー読書発表会」。これは「まちづくり市民会議」で提案を受けた事業で、今年で3回目になります。

 

4組の親子からと上之保小PTA家庭教育学級の取組みについて発表がありました。

それぞれの家庭での読書との関わり方は、聞いていて素晴らしいな、と思います。一緒に発表してくれた小学生の子ども達も、朗読をしてくれたり、感想を発表してくれたり、しっかりと人前で話すことができていました。

 

ただ、毎年もったいないな、と思うのは、発表を聞いてくれる人数が多くないこと。

 

これまで独立して「ファミリー読書発表会」を開いていますが、青少年関係の集まりのときにも5組はムリにせよ、1組か2組の発表の場があると、保護者の方にも興味深く聞いてもらえるのではないか、と思います。

 

 

午後2時45分から、自治連桜ヶ丘支部から熊本地震に対する義援金の受領。

 

桜ヶ丘地区では、小中学校の資源回収以外にも、自治会でも年に2回、資源回収を行うそうです・・・こういう地域があることを知りませんでした。

 

今回は資源回収で集めたお金の半額を、義援金としてご寄付をいただきました。責任を持って、被災地にお届けします。

 

 

午後3時半から、2020東京オリンピック・パラリンピックに向けた強化指定選手への関市からの支援金の授与。

 

岐阜県に強化指定選手の制度があり、今回は関市としても県の制度に上乗せをして支援金をお渡しすることにしました。

 

今年度の対象は、テニスの堀江亨・選手、水泳の後藤陸斗・選手のお二人です。

Img_6045
↑ 堀江選手は出席できなかったのでお父様に代理で来ていただきました

Img_6073
↑ 金額的には大きな額ではありませんが、関市としてもお二人の今後の活躍を応援したいですね

夕方からは、各課との打ち合わせを何件か。

 

 

午後7時半から、懇親会に出席してから帰宅。

 

 

最近、ロド☆スタの運転席側の窓が開け閉めの途中で止まってしまうことが2回あり、2日ほど前に修理をお願いしていました。

 

・・・が、何度も窓の上げ下げを試していただいたそうですが、特に問題なく動いたそうで。

 

とりあえず様子を見てもらいたい、ということでしたので、お昼に引き取りにいきました。

 

 

いつ止まるか分からない、という緊張感を強いられる中での上げ下げとなりそうです。

台風が来ているときに、窓を下げたら止まってしまって閉められなくて車中で雨が吹き荒れる・・・という事態だけは避けたい(苦笑)。

 

2016年8月24日 (水)

「関の工場参観日」今日からスタート(NHKでも放映されました)、東京で高速道路の要望

今朝は走らず。

 

午前8時過ぎに自宅を出て、関市文化会館へ。今回で3回目を迎える「関の工場参観日」のオープニングセレモニー。

Img_7256

NHKさんにも取材に来ていただき、今日の夕方、3分以上にわたって紹介していただきました。

 

 → NHK岐阜「関の工場参観日」(リンク切れになるかもしれません) 

 

「関の工場参観日」の特徴でもあり、私自身も嬉しく思っているのは、市役所だけでなく民間企業の若手経営者の方、デザイナーの方、建築家の方、市民活動団体の方など、多くの方が関わりながら、実行委員会として動いてもらっていること。

 

3回目の今年も新しい取り組みをいくつか展開してもらっていますが、これからもどう成長していくのか、楽しみです。

 

プロデューサーの村澤一晃さんはじめ、小川優二・実行委員長を先頭とした実行委員会の皆さん、多くの方のお力のおかげです。感謝申し上げます。

 

今日からスタートした「関の工場参観日」、27日(土)までの開催です。

Img_7255
↑ 工場参観日に出ると、関市もまだまだ潜在力がある、という思いを持ちます

 

 

テープカットの後、そのまま名古屋駅に向かい東京に移動。

Img_7257


 

砂防会館別館にて開催された、正午からの「全国高速道路建設協議会」総会に、何とか3分前に到着。

 

Img_7260
↑ 下段の席かと思ったら、市長村長は壇上の席でした・・・ご来賓の石井・国土交通大臣のご挨拶

 

これまで東京での道路関係の総会には、地元での公務のために代理や欠席が多かったのですが、今年はかなり日程をやりくりして市長本人が出席するようにしています。

 

要望実現に対して、どこまでプラスになるかは分からないところもありますが、少なくともマイナスにはならない、と思いますので、今年はできる限り、こうした総会には出席するつもりです。

 

 

その後、岐阜県から参加している首長・職員グループで、岐阜県選出の衆参国会議員の事務所に要望活動。

 

 

要望活動を終えてから、午後3時に東京駅を出て名古屋駅へ。

 

 

午後6時からは、再び「関の工場参観日」の懇親会。

 

「セキクック」さんに会場をお借りして、工場参観日に参加していただいている企業の皆さん同士の意見交換を含めた懇親会。

 

工場参観日のいろいろな取り組みについて、途中、情報共有の時間などもあり、有意義な時間となりました。

 

まだ、4日間の内、初日が終わっただけ。

 

これから3日間が本番ですね。

 

 

2016年8月23日 (火)

岐阜県庁へ道路要望、100歳のお祝い訪問、江戸時代から続く地蔵まつり

今朝もいつもの5キロのラン。

 

今日は午前10時に県庁へ。

 

「中濃・各務原・尾張北部連絡幹線道路協議会」の要望。

Img_7240
↑ 先週の愛知県に対する要望に引き続き、岐阜県・県議会への要望活動です

 

 

その後、岐阜県図書館に立ち寄り。

 

 

午後は打ち合わせや面談など。

 

午後1時半、監査委員から決算審査意見書をいただきました。使用料・手数料の滞納整理の強化、公共施設の使用料の減免団体の見直し、補助金交付団体の報告書の充実など、いくつか意見書に書かれていること以外でも、口頭でご指摘をいただきました。

 

使用料・手数料の見直しは、現在、仕掛り中で来年度4月から改める予定で準備をしていますが、第三者の立場から市役所業務を見ていただく機会はありがたいことです。

 

 

午後3時から、武儀のハートシティ中濃の杜へ100歳のお祝い訪問。

 

今日はご家族の方が大勢お集まりで、100歳を迎えられた女性の方もニッコリと素敵な笑顔でした。

 

また、施設には106歳(!)の方がお元気で、今日の100歳のお祝いにも参加をいただきました。

 

いやぁ、100歳のお祝いに106歳が駆けつける・・・というのもスゴイですね!

 

 

市役所に戻って、打ち合わせや決裁など。

 

 

午後6時から、地蔵まつりのだしコンクールの審査。古く江戸時代から続くお祭りです。

閉会式を迎えたばかりのリオ・オリンピックに関する作品が多かったですね。

Img_7245
↑ こちらが1等(関市長賞)の作品

Img_7249
↑ こちらが2等(市議会議長賞)

 

Img_7251
↑ こちらが3等(県議会議員賞)

Img_7247
↑ 審査途中に望む西の空・・・地蔵まつりが来ると夏も終わりに近づいたなぁ・・・という気がしますね 

 

審査を終えてから、旭ヶ丘ふれあいセンターで行われていた「地蔵まつり盛り上げ隊」を覗きに。

 

旭ヶ丘地域委員会の設立を記念して初の試み・・・どれくらいの人が集まるのかな・・・と思っていたのですが、準備していたチケットは早々に売り切れて大盛況でした。

 

Img_7253
↑ 審査対象ではありませんが、子ども達が作ってくれた作品展示も




審査結果が出るため若竹さんで懇親会。

 

午後8時から、「ゆかた姿盆おどり大会」の審査。

Img_7254
↑ 生憎、雨が降ったりやんだり・・・という天気でしたが、踊り好きの方には関係ないですね

 

踊りの良し悪しは分かりませんが、エイヤッの世界で5名を選びました。

 

最後、表彰式で賞状をお渡しして帰宅。

2016年8月22日 (月)

昨晩、「世界の山ちゃん」創業者である山本重雄・会長の訃報に接しました。突然のことで驚きました。

 

旧洞戸村のご出身ということで、関市ともご縁をいただいていました。

 

今年2月に記者発表をして、今年3月1日から「関市ふるさと納税」の「幻の手羽先 世界の山ちゃん」コラボ企画として、ふるさと納税謝礼品として「幻の手羽先」や「世界の山ちゃん」食事券などをお渡しするようになりました。

Photo


2


↑ 今年2月の記者会見資料です

 

これは山本会長の故郷に対して恩返ししたい、という思いから実現したものです。

 

記者会見においても、山本会長自らの映像メッセージを流して、故郷への思いを伝えていただきました。

 

現在、関市ふるさと納税で最も件数が多いのが「うなぎ食事券」ですが、次が「世界の山ちゃん」です。

 

山本会長の思いの通り、多くの方に関市へふるさと納税をしていただいています。

 

明日の告別式は公務のため参列できないので、今晩午後7時から名古屋市の斎場にて営まれて通夜式に参列してご焼香をあげさせていただき、心の中で感謝の言葉をお伝えしました。

 

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

今回の種子島・西之表市訪問の際、鹿児島県三島村の大山辰夫・村長とお会いしました。

 

三島村は人口400人弱で、硫黄島・竹島・黒島の3島からなります。

 

お聞きして驚いたのですが、村役場はこの3島にはなく、県庁所在地である鹿児島市にあるそうです。

 

日本の地方自治制度は、人口370万人を超える横浜市から三島村のような離島の村まで、市町村の区分や市の中でも政令指定都市・中核市などのレベルはあるにせよ、本当に幅が広いことを改めて感じます。

 

 

 

2016年8月21日 (日)

種子島「第47回鉄砲まつり」、種子島宇宙センターなど

今朝は午前6時からホテルの温泉へ。

 

午前7時過ぎから、朝食をとりにいったら、ちょうど「関音楽劇の会」の皆さんも一緒でした。

 

午前9時20分にホテルを出て、「第47回鉄砲まつり」のオープニングセレモニーに出席。

 

朝から暑い日ではありましたが、台風の影響で風があり、それで助かりました。

Img_7195
↑ 火縄銃の試射を初めて間近で見ましたが、大きな音にビックリしました

 

Img_7201
↑ 滋賀県長浜市・大阪市堺市からも鉄砲隊が参加

Img_7204
↑ 我らが「関音楽劇の会」メンバーをパレードに参加

 

午前10時半過ぎまでパレードを見学して、その後、昨日に引き続き西之表市役所の職員の方にご案内をいただき、まずは1543年に南蛮船が漂着したと伝わる門倉岬へ。

Img_7207

Img_7211
↑ 美しい海岸線が展望できます

 

展望台に立っても「海波の音」が聞こえてきます。今日、門倉岬に立って、「関音楽劇の会」の公演名が「海波の音」となっていることに、なるほど、と納得がいきました。

 

 

その後、種子島宇宙センターへ。

 

事前に予約をしてあった、センター内の見学コースに参加。

 

Img_7214
↑ バスに乗って、通常では見れないところも案内してもらえます

 

Img_7219
↑ 白い建物がロケットの組立・点検を行なっている場所で、右側にある赤白の2本ずつの鉄塔が発射するところ

 

赤白の鉄塔はロケットを支えるためにあると思っていましたが、避雷針の役割が基本で一切、支えていないそうですよ。

 

Img_7220
↑ H-Ⅱロケットの実物

 

テレビで見る発射映像などを見ても、H-Ⅱロケットの下部はオレンジ色になっていますが、あれはデザインとしてオレンジに塗っているのではなく、断熱材の色だそうです。

 

PIFという断熱材を塗るのですが、当初は黄色ですが紫外線にあたるとオレンジ色に変色するそうです・・・すっかりデザインかと思ってました。

 

Img_7224
↑ こちらが普段は入ることのできない総合指令棟

 

 

関市も航空宇宙特区となっていて、市内にも何社か航空宇宙関係の工場がありますが、少しは話題についていけるようになれば。

 

 

その後、国史跡の広田遺跡へ。

Img_7225
↑ 2015年にオープンしたミュージアムもあります

Img_7226
↑ 90基の埋葬遺構から157体の人骨、44,000点以上の貝製品が出土したそうです

 

Img_7227
↑ 海を見つめながら、はるか昔の日本に思いを馳せつつ

 

次に種子島マングローブパークへ。

 

Img_7228
↑ マングローブの北限が種子島だそうです



Img_7229
↑ カヤック体験をやってました・・・これは楽しそう

 

 

最後に、千座(ちくら)の岩屋へ。

Img_7232


Img_7234
↑ 干潮の前後2時間、こうして洞窟の中に入ることができます・・・海が穏やかであればもっと美しい景色が見れるでしょうね

 

 

午後4時半に種子島空港へ。

 

種子島空港から鹿児島空港へ、乗り継いで中部国際空港へ。

 

 

午後10時過ぎに自宅着。







«八板金兵衛清定のご縁で種子島にて「関音楽劇の会」公演

読了した本

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ