フォト
2023年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« サンパウロにて岐阜県ブラジル移住100周年記念式典 | トップページ | ドイツ・ブラジル出張(7日目) ~ひたすら飛行機の中~ »

2013年8月26日 (月)

ドイツ・ブラジル出張(6日目) ~旧岐阜県村の視察~

ホテルを午前8時半に出発・・・今回の出張で唯一、同じところで2日連続で眠ることができました。

今日の視察は、サンパウロ市内の桜高森耕地(旧岐阜県村)。

この地に岐阜県村を作ろうと、関市小瀬出身の故足立小平治さんが呼びかけたもの。

現在は岐阜県出身者だけでなく、日本各地からの入植者の方が農業を営んでいらっしゃいます。

Img_0918
↑ 集会場にて移民1世から3世の皆さんと意見交換会

岐阜県としてこの地を正式に訪問するのは、何と30年以上ぶりだったそうで、こうやって来てもらえたことが嬉しい、という言葉に想いが込められていました。

Img_0927


 

Img_0946
↑ 若い日系3世の方は、岐阜県に研修で来ていた方が多いです・・・私の左隣の男性も美濃加茂市に研修で滞在されていました

美濃加茂市ほどではないですが、関市にも日系ブラジル人の方が研修で滞在されていますが、付き合いもなく正直に言いますとどういう人たちなのか、私自身も分かっていませんでした。

今回、旧岐阜県村を訪問して、「あぁ、ここにいるような方が、日本に来ているんだな」ということが、初めて実感できました。

Img_0937
↑ 関市から、爪切りなどのお土産をお渡ししました

Img_0956
↑ 全員で記念撮影

その後、桜高森耕地内をグルリと1周してもらえました。

Img_0981
↑ 途中で山県市出身の土屋さんのバラ園を見学させてもらいました・・・広さが伝わりにくいかもしれませんが、広大な敷地が広がっています

Img_0987
↑ この写真に写っている土地はすべて土屋さんの農地です

旧岐阜県村に電気が通ったのは私が産まれた年ぐらい・・・40年前だったそうです。

2013年の今現在でも、道路などのインフラを見てみると、まだまだその質の低さを感じてしまうのですが(日本と比べて)、今現在でもそう感じるのですから、一体、50年前はどういう暮らしだったか・・・ということ。

旧岐阜県村を訪問すると、入植された岐阜県や関市の先人の皆さんの苦労が偲ばれます。

桜高森耕地を後にして、空港近くのホテルで昼食。

その後、時間調整も兼ねて空港近くのショッピングセンターへ。

ここでお土産を・・・と思ったのですが、ブラジルの物価も日本と比べてそれほど安いわけではないので、食指が動きません。

ショッピングセンターを出て空港へ。

Img_1011
↑ 空港ターミナルで酒向県議とお別れ・・・県議団はまだペルーに訪問する日程があります

Img_1017
↑ 免税店でのお土産の買い物を終えて、ドイツ・フランクフルト行きの搭乗待ち

午後6時半にドイツに向けて出発。

« サンパウロにて岐阜県ブラジル移住100周年記念式典 | トップページ | ドイツ・ブラジル出張(7日目) ~ひたすら飛行機の中~ »

2013ドイツ・ブラジル出張」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ・ブラジル出張(6日目) ~旧岐阜県村の視察~:

« サンパウロにて岐阜県ブラジル移住100周年記念式典 | トップページ | ドイツ・ブラジル出張(7日目) ~ひたすら飛行機の中~ »

読了した本

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ