フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 日本トムソンの極楽寺&武芸川工場訪問、関の刀匠が打った太刀が横綱稀勢の里関へ | トップページ | 3月議会の本会議(2日目)、3月11日から「ほんのいっせき」スタートなど »

2017年3月 1日 (水)

関市立関商工の全日制・定時制の卒業式

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ。

 

午前9時半に関商工・全日制の卒業式のために関商工へ。

体育館に向かうまでの時間、校長室にて待たせてもらったのですが、その校長室の壁に飾ってあるのが「必有隣」と書かれたとても大きな額。

Img_8626

この「必有隣」の三文字は論語の「徳は弧ならず 必ず隣あり」から。

 

人間は誰かが見ていて評価してくれるのであれば「よい格好」をします。しかし、大切なことはたとえ誰も見ていなくても、自分一人のときでも同じことができるか、どうか。

 

(誰も見ていないなら、やるだけ損やん)と思うかもしれませんが、小さな陰徳を積むことができる人に対しては、必ず誰かがどこかで見ていて助けてくれるはず。

 

これから社会に出たとき、(あいつは上司の前だけ要領よくやっているだけなのに評価が高くて、私はコツコツとがんばっているのになぜ認めてもらえないんだろう)と思うときもあるかもしれませんが「徳は弧ならず 必ず隣あり」・・・悩み迷う必要はありません。

 

改めて、関商工を卒業された皆さん、おめでとうございます。

 

17091340_1665785767048540_899221806
↑ 同級生のSくんから写真をもらいました

 

この写真、顔や雰囲気が厳しく見えますが、関商工の卒業式はいつも「裂帛の気合い」のつもりで話します。

 

スピーチの上手・下手ということは意識せず、自分自身が考えていること・伝えたいことを、大げさかもしれませんが、自分の全人格をかけるつもりで壇上に立ちます。

 

調子の良い、耳障りの良い話をしても、私の言葉に嘘があれば卒業生・在校生にはバレてしまうと思うので。

 

 

午後2時半から、ふれあい福寿会館にて「市町村共済組合会」に出席。

 

思った以上に時間をかける会議で、午後4時15分ころに終了。

 

 

自宅に戻って、再び略礼服に着替えてから、定時制の卒業式に出席するため関商工へ。

 

私自身、大学院は働きながら夜間大学院に通ったので、定時制の皆さんの大変さが少しは理解できます。

 

ここでは全日制の祝辞とは内容を変えて、松下幸之助・塾主の「運と愛敬」について。

 

全日制・定時制を問わず、これからの卒業生の皆さんの人生が実り多き豊かなものとなりますようにお祈りしています。

 

« 日本トムソンの極楽寺&武芸川工場訪問、関の刀匠が打った太刀が横綱稀勢の里関へ | トップページ | 3月議会の本会議(2日目)、3月11日から「ほんのいっせき」スタートなど »

政治活動」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523972/64958086

この記事へのトラックバック一覧です: 関市立関商工の全日制・定時制の卒業式:

« 日本トムソンの極楽寺&武芸川工場訪問、関の刀匠が打った太刀が横綱稀勢の里関へ | トップページ | 3月議会の本会議(2日目)、3月11日から「ほんのいっせき」スタートなど »

読了した本

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ