« 課長級以上の幹部会議、企画部・市長公室との市長協議など | トップページ | 春の訪れを告げる「関まつり」を開催など »

2017年4月14日 (金)

水道部・福祉部・企画部との市長協議、5/31チャレンジデーに初参加(対戦相手は山形県鶴岡市)

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ。

 

市役所に入って打ち合わせや決裁など。

 

午前10時から、水道部との市長協議。水道課と下水道課の2つの課です。

 

水道も下水道もほとんど地下に埋まっていますから目立ちませんが、どちらも大切なライフライン。

 

持続可能な経営をしていくために判断をしなければならない課題もあるので、いくつかの課題については改めて個別協議することに。

 

午後1時から、福祉部との協議。

 

福祉政策課(親子教室)・高齢福祉課・子ども家庭課の3課。

 

いわゆる社会的弱者に関わる業務が多い課ばかり。

 

今日も部長・課長には伝えたのですが、過去の政治的判断や根拠のない補助金などについて、公平性の観点から見直すべきだと考えていますが、その目的は財政的な支出削減することではなく、市民生活がより良く向上することにお金をまわしていく、ということ。

 

午後3時半過ぎから、昨日は途中になってしまった企画部との協議。企画政策課と市民協働課。

 

どの部もどの課も担う業務は多いですし、取り組むべき課題も山とありますが、その中でも企画部の企画政策課と市民協働課は別格の感。

 

企画部の2課についても、個別協議の場をこれから何度かセットして、練り上げてかたちにしていくという作業。

 

道のりは平坦ではないですが、部長も課長も課員も十分にこなせる力を持っている職員を人事で配置しているので、さも当然のようにこなしてくれるでしょう。

 

 

まだ、市長協議2日目ですが、昨日と今日の3つの部との協議をして、日本の基礎自治体である市町村は、いかに市民生活に関わる幅広い分野を担っているか、と市長になって6年目を迎えるのに改めて痛感しますね。

 

 

午後6時半から、関観光ホテルにて西部地区・区長協議会の新旧役員の懇親会。

 

これまでご尽力をいただいた皆さんに感謝を申し上げ、これからお世話になる方に今後のご協力をお願いしました。

 

話は変わって、関市としては初めて「チャレンジデー」に参加します。

 

詳しくは以下をお読みいただければ、と思いますが、1日15分以上の運動をした市民の皆さんの数(参加率)を競います。

 

初対戦の相手は・・・山形県鶴岡市。

 

ちなみに敗れた市は、相手側に敬意を表するため、1週間にわたって相手の市旗を掲揚することになってます(笑)。

 

「市民ひとり 1スポーツ」を進めている関市・・・多くの皆さんのご参加をお願いします。

 

Challengeday

 

■チャレンジデー2017を開催します!

 「市民ひとり1スポーツ」の推進を図るため、初めての試みとして、チャレンジデー2017を開催します。

チャレンジデーとは、毎年5月の最終水曜日に世界中で開催される住民総参加型のスポーツイベントで、人口規模がほぼ同じ自治体間で、午前0時から午後9時までの間に15分以上継続して運動やスポーツを行った住民の数(参加率)を競います。関市の今年の対戦相手は、山形県鶴岡市です。

 当日15分以上運動をした方は、電話、ファクス、またはE-mailで事務局まで報告をお願いします。 

体を動かすことであればどんな運動でもOKです。スポーツ施設はもちろん、職場や学校、広場、自宅など

場所は問いません。多くの皆さんの参加をお待ちしています!

 

◎日時 平成29年5月31日(水)

      午前0時~午後9時(最終報告締切 午後9時30分)

 

◎報告先 関市チャレンジデー実行委員会(関市スポーツ推進課内)

       電話 0575-23-7766

       ファクス 0575-23-7765

       E-mail sports@city.seki.lg.jp

« 課長級以上の幹部会議、企画部・市長公室との市長協議など | トップページ | 春の訪れを告げる「関まつり」を開催など »

政治活動」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523972/65150796

この記事へのトラックバック一覧です: 水道部・福祉部・企画部との市長協議、5/31チャレンジデーに初参加(対戦相手は山形県鶴岡市):

« 課長級以上の幹部会議、企画部・市長公室との市長協議など | トップページ | 春の訪れを告げる「関まつり」を開催など »

読了した本

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ