フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 9月議会が閉会、幻の名刀”蛍丸”寄贈式、高校生考案「はもみんケーキ」完成など | トップページ | 倉知ふれあいグラウンドゴルフ、武芸川敬老会、ラグビーフェス、関高OB美術展慰労会など »

2017年9月30日 (土)

釜石市の味覚フェスティバル、復興状況の視察、関市にもつながりがある宮沢賢治記念館などへ

昨晩は到着した花巻空港から、今年で釜石市役所に派遣2年目となる職員Tさんに迎えに来てもらい釜石市へ。

 

2時間まではかかりませんが、内陸から沿岸の釜石市まで移動するだけでも時間がかかります。

 

釜石駅横にできた新しいJR系のホテルにチェックインしてから、歩いて1キロほどのプレハブの居酒屋へ。 

Img_0275

Img_0278
↑ 新鮮な刺身も出てきましたが、一番おいしかったのは秋刀魚焼き

 

随行職員Aさんも含めて3人で飲んでいたのですが、途中で釜石市役所で職員がお世話になっているH税務課長がお土産と一緒に来てもらえました。

 

折角なので、すぐにお暇をされようとするH課長を引き止めて一緒に懇談。

 

震災後、市民税の徴収率はやはり下がったんでしょうねぇ、とお尋ねしたら、その逆で、震災前より徴収率自体はアップしているそうです・・・意外でした。

 

今朝はホテル7階の大浴場でお風呂に入ってから朝食。

 

普段は朝食では白米は食べていないのですが、ホテルで食べるとついつい多く食べ過ぎてしまいますね。

 

午前8時半にホテルを出て、釜石市の北部沿岸部の唐丹地区へ。

 

Img_0281
↑ 震災を後世につなぐ石碑・・・改めて犠牲となられた方のご冥福をお祈りいたします

 

Img_0282
↑ 建設途中の防潮堤・・・すぐ向こうには海があります

 

Img_0285
↑ 反対側から見た防潮堤

 

Img_0284
↑ こちらが高台工事をした港近くの土地・・・かなりの高さです

 

Img_0290
↑ 復興住宅と市役所の行政センターが同居した施設

Img_0292
↑ 仮設団地も訪問しましたが、復興住宅への引っ越しなどが理由でしょうが空き室が目立ちました

 

一度、市街地に戻ってイオン前にて、釜石市の「第21回味覚フェスティバル」のオープニングへ。

Img_0297
↑ 野田・釜石市長のご挨拶

 

30分弱のオープニングの後、野田・釜石市長にご挨拶・・・関市で開催した防災フォーラムにもご出席をいただいたこともあります。

 

改めて、岐阜県市長会として釜石市に職員派遣を続けていることに、お礼の言葉をいただきました。関市としても、まずは震災後10年を経るまでは復興支援のための職員派遣を継続したい、と思います。

 

その後、すぐ近くの農業祭の売店などを覗きに。

Img_0299
↑ 長い行列ができていたのは、秋刀魚のふるまい・・・私も次の餅まきの予定がなければ間違いなく並んでました(笑)

 

午前11時から、地元選挙区選出の鈴木俊一・五輪相や野田・釜石市長等と一緒に餅まき。

 

Img_0300
↑ 今日は農業祭も一緒ということで、お餅だけでなくピーマンや椎茸もまきます・・・いや、これは関市でも喜ばれそうですね

 

地元関市で餅まきをすると、「市長~、こっちに投げて~!投げてくれんともう応援したらんよ~!」という方もいらっしゃって、結構、気を遣ったりするんですが(笑)、釜石市では関係ないですから、もう、自由に好きな方向に思う存分に投げたりましたよ(笑)。 

 

餅まきの後、イオン前にて行われていた、2019ラグビーワールドカップのプレイベントへ。

 

ストリートラグビーの体験会だったのですが、当初、私は見学だけさせてもらうつもりだったのですが、鈴木俊一・五輪相や野田・釜石市長が体験プレイをされる・・・ということで、ついでに関市長もどうぞ、ということに。

2
↑ 私の前でトライを決めるのは鈴木・五輪相・・・オリパラ大臣と一緒にストリートラグビーを体験させてもらいました・・・貴重な機会でしたよ

 

1
↑ マスコミ向けのラグビーPRの記念撮影に、なぜか私も参戦・・・ご地元岩手県で放映されたら、あの大臣の隣におんさる人は一体誰やな?となりますねぇ(苦笑)

 

その後、再び釜石市の鵜住居地区などの視察へ。

Img_0306
↑ 高台に新しく建設された鵜住居小&中学校

鵜住居小がまだプレハブ校舎だったとき、富岡小からの義援金も含めて、関市から鵜住居小図書室の蔵書充実のため、寄付を当時の校長先生にお渡ししたことがあります。

 

今回は校舎内には入りませんでしたが、子ども達の図書室が本で満たされていることを願います。

 

Img_0308
↑ 2019ラグビーワールドカップの試合会場となるスタジアムが建設中

 

Img_0309
↑ 来年の夏にはスタジアムが完成予定だそうです

 

鵜住居地区は大震災当日、地域の「防災センター」という名称の施設に避難された方が多く津波の被害にあわれた地区です。

 

市の避難施設ではなかったのですが、大震災の前に行われた避難訓練でも防災センターに地域の住民の方は集まる訓練をされていたそうです。

 

震災後、実際に津波に呑みこまれて九死に一生を得て生還された方のお話を、防災センターでお聞きしたことがありますが、当日、冷たくヒューヒューと強い風音が鳴っていて、震災で命を落とされた方の慟哭のように感じたことを今でも覚えています。

 

今は防災センターは解体されてしまいましたが、当時は、防災センター2階の天井に数ヵ所穴があいていて、「2階の天井近くまで津波がやってきて、何とか息をしようとして避難された方が必死になって開けた穴です」と説明を聞いて、天井の穴を見つめながら粛然とした気持ちになりました。

 

ラグビースタジアムをはじめ、新設された鵜住居小・中や、高台工事等が進められている鵜住居地区を視察して、復興が徐々に進んでいることを嬉しく感じつつ、今日は犠牲となられた方の慟哭や天井の穴に想いを致しました。

 

その後、「明治日本の産業革命遺産」として世界遺産となった釜石市内の橋野鉄鉱山へ。

 

Img_0312
↑ こちらがインフォメーションセンター・・・かなり山道を上ったところにあります

 

到着したころは雨は降っていなかったのですが、インフォメーションセンターで説明パネルを読んで、実際に高炉跡を見ようと思ったら、外はかなり激しい風と雨。

 

Img_0313


Img_0314


 

写真には雨や風は写ってませんが、かなり強かったので足早に視察。

 

昼食は、釜石ラーメンの「橋野や食堂」。

 

Img_0315
↑ ラーメンセットを注文・・・しょうゆ味のサッパリスープのラーメンが頗る美味しかったですよ

 

 

その後、2時間をかけて花巻市に移動して、まず宮沢賢治記念館へ。

 

駐車場で車を降りてから聞いてビックリしたのですが、派遣職員Tさんの臨席が花巻市からの派遣職員の方だったそうで、その関係でわざわざ館長さんにお出迎えをいただいてました。

 

Img_0317
↑ こちらが宮沢賢治記念館

 

以前にブログでも紹介しましたが、宮沢賢治の祖母キンさんは、「関の孫六」で知られる金子孫六の末裔となります。

 

宮沢賢治には関の刀匠の血が流れている・・・と思うと、これまで以上に親近感が湧きますね。

 

館長さんにおいしいコーヒーをご馳走になった後、館内の展示を案内いただきました。

 

会話の中で館長さんから、

 

 「あずきバーの日本刀の写真、職員から見せてもらいましたよ。」

 

とおっしゃっていただけて恐縮・・・さすがYAHOOトップページ(笑)。

 

付け焼刃そのものですが、今日も含めてここ最近、宮沢賢治に関する本を3冊読んできたので、最低限の情報は頭にありました。

 

「雨ニモマケズ」や同じく岩手県出身の石川啄木の印象と混じって、宮沢賢治は生活苦だったというイメージがありますが、実際は地域の名家の生まれ育ちで、逆にそれに苦しんだのが実際のようです。

 

また、宮沢賢治の写真の中で、農村をうつむきながら歩いているものがよく知られていますが、これまた「雨ニモマケズ」のイメージで宮沢賢治の貧困状態や農村の疲弊を伝えているものかと思われがちですが、実際はベートーベンが大好きだった宮沢賢治が、わざわざベートーベンを真似して何度も撮り直させて撮影した写真なんですよね。

 

宮沢賢治の絵本は、私自身、小学生のころから何冊か読んでいましたし、学校の教科書にも「永訣の朝」などが出てきましたので馴染みが深いです。

 

ただ、改めて宮沢賢治の世界観の奥の深さを感じますね。

 

最近読んだ3冊は解説本めいたものですが、宮沢賢治の作品を改めて言葉を味わいながら、その奥にある宮沢賢治の心象風景や時代背景を考えながら、読んでみようと思います。

 

ちなみに、恐縮ながら料金なしでご案内をいただいたのですが、受付の女性の方が、

 

 「宣伝してくださいね。」

 

と笑顔でおっしゃったので、がんばって宮沢賢治記念館を宣伝します(笑)。 

 

その後、すぐ近くの宮沢賢治童話村へ。

 

Img_0320
↑ 夜のライトアップが人気・・・なのですが、時間がなかったので暗くなる前に

 

続いて、宮沢賢治の弟清六のお孫さんがオーナーの「林風舎」へ。

Img_0322
↑ 外観だけでも見る価値がある美しい佇まいでした

 

宮沢賢治に関するさまざまなグッズなどが販売されています。

 

Img_0323
↑ 店内を見ていたら、写真のような張り紙が・・・嬉しいですね

 

午後6時50分に花巻空港を出発して小牧空港へ。

 

午後9時前に自宅到着。

 

« 9月議会が閉会、幻の名刀”蛍丸”寄贈式、高校生考案「はもみんケーキ」完成など | トップページ | 倉知ふれあいグラウンドゴルフ、武芸川敬老会、ラグビーフェス、関高OB美術展慰労会など »

政治活動」カテゴリの記事

« 9月議会が閉会、幻の名刀”蛍丸”寄贈式、高校生考案「はもみんケーキ」完成など | トップページ | 倉知ふれあいグラウンドゴルフ、武芸川敬老会、ラグビーフェス、関高OB美術展慰労会など »

読了した本

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ