フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« ビクトリノックスの本社・工場を訪問 | トップページ | ロンドンの美術館めぐり »

2017年11月11日 (土)

チューリッヒからロンドンへ移動など


今朝は午前7時40分にホテルを出て、鉄道でチューリッヒ空港へ。

午前10時20分のフライトで、2時間でロンドン・ヒースロー空港に到着。


前回のロンドンも曇空のイメージですが、今回も霧雨がそぼる灰色の空。


今日・明日は週末ということで、先方も休日のため明晩の駐英大使と知事の会食に同席する以外は公務は入っていません。


折角の機会なので、今日は午後2時半と午後7時半と2回に分けて、ミュージカルの「レミゼラブル」と「オペラ座の怪人」を鑑賞。


代理店を通すと手数料が取られるので、見よう見まねで英語サイトから直接予約。


日本のミュージカルや歌舞伎と同様、座席はピンからキリまであるので、お値打ちな席をチョイス。


クイーンズシアターで「レミゼラブル」、ハーマジェスティシアターで「オペラ座の怪人」を観ましたが、どちらも想像していた以上に劇場は大きくなくて、舞台が間近に感じられる雰囲気でした。



↑ 奥に見えているのがクイーンズシアター



↑ こちらがハーマジェスティシアター



ミュージカルも海外で生の舞台を観たので、日本との違いなどを感じたところもあるのですが、それよりも印象に残るのは、ロンドン市街地の人並みの多さ。


土曜日だったことも大きいとは思いますが、あまりの人の多さにビックリ。


EU離脱で経済が苦しくなってウンヌンカンヌン・・・という話がありましたが、前回のロンドン訪問時より、明らかに元気を感じます。



世界各国からの観光客も多いですが、日本人に会うのはマレですね。



季節的な理由があるのでしょうが、スイスでも年間を通じてすっかり日本人の姿を見なくなった、という話を聞いたばかりなので、少しの寂しさも覚えます。



ミュージカルの隙間にナショナルギャラリーへ。


閉館まで20分しかなかったのでで、絵画作品の一部だけ鑑賞。



↑ どの美術館に行っても、クロード・モネの「睡蓮」シリーズには反応してしまいます



上に書いた通り、明日も夕方まで時間があるので、美術館・博物館をいくつかまわります。



夜はホテル近くのイギリスパブで2杯だけビール。




↑ 写真が暗くて見にくいですが




« ビクトリノックスの本社・工場を訪問 | トップページ | ロンドンの美術館めぐり »

政治活動」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523972/66033363

この記事へのトラックバック一覧です: チューリッヒからロンドンへ移動など:

« ビクトリノックスの本社・工場を訪問 | トップページ | ロンドンの美術館めぐり »

読了した本

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ