フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 全国市長会の理事会、スペイン・マドリッド徒然 | トップページ | 県内初の公営合葬式墓地が完成、中部学院大ゴルフ部が3位入賞、せきしん経済クラブ懇親会など »

2017年11月16日 (木)

スペイン・マドリッド&トレド徒然

昨日に続いて、自分自身の備忘録の意味も含めて徒然に。

マドリッドの観光レセプションの後、夕食懇談会まで時間があったので、世界三大美術館のひとつである「プラド美術館」とピカソのゲルニカがあることで有名な「ソフィア王妃芸術センター」へ。

Img_0692
↑ ソフィア王妃芸術センター

プラド美術館ではベラスケス「ラス・メニーナス」・ゴヤ「裸のマハ」・ボス「快楽の園」などなど、本物が見れて良かったです。

 

ソフィア王妃芸術センターでは、やはりピカソのゲルニカの前は人だかり・・・想像以上に大きな作品でしたよ。

夜は、「aneko」のオーナーの息子さんで創作日本料理店のシェフ・ミゲルさんや、「aneko」のスタッフの玉置さん、大澤刀剣の大澤さんと一緒にスペイン料理のお店で懇談会。

 

写真を撮らなかったのですが、野菜をまるごと使った料理などとても美味しかったです。

 

ミゲルさんが全額出してくれようとしたのですが、私たちも二人で80ユーロを支払い・・・ホントは割り勘するともう少し出さなきゃいかんのですが、現金がそれだけしかなかったので。

 

スペイン2日目は「刃物のまち」古都トレドへ。

Img_0706
↑ マドリッドから30分ほどで到着しますのでアクセスも良いです

Img_0708
↑ マドリッドとトレド間に移動中の光景・・・乾燥してますね

 

Img_0715
↑ 時代をタイムスリップしたような感覚になる町並み

 

Img_0725
↑ トレドの刀剣工房ではトレド風日本刀も販売してました

 

Img_0751
↑ 生ハムはイタリアというイメージですが、スペインでも名産だそうですよ

 

Img_0731
↑ 大聖堂

Img_0735
↑ 大聖堂の内部

このトレドの大聖堂は、あの天正遣欧使節(伊藤マンショ・千々石ミゲル・原マルチノ・中浦ジュリアン)も訪問しています。


400年以上前にこの地を訪れた日本の少年たちに思いを馳せつつ。

 

トレドの後、マドリッドでフェリペ二世に拝謁をした後、バチカンでローマ教皇とも同じく拝謁します。各地で大歓迎を受けたという記録がありますが、彼らにとって人生最良の期間だったでしょう。

 

日本に戻ったときはキリスト教を容認していた織田信長はすでにこの世におらず、バテレン追放令を出した豊臣秀吉に変わっていましたので。

 

(続く)










« 全国市長会の理事会、スペイン・マドリッド徒然 | トップページ | 県内初の公営合葬式墓地が完成、中部学院大ゴルフ部が3位入賞、せきしん経済クラブ懇親会など »

政治活動」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スペイン・マドリッド&トレド徒然:

« 全国市長会の理事会、スペイン・マドリッド徒然 | トップページ | 県内初の公営合葬式墓地が完成、中部学院大ゴルフ部が3位入賞、せきしん経済クラブ懇親会など »

読了した本

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ