フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 大雨の災害警戒対応など | トップページ | 関市の大雨被害は床上・床下浸水が390棟弱 »

2018年7月 7日 (土)

安桜保育園の七夕会、西田原長寿会での講演、災害対策本部での対応など

昨晩の警戒本部については、河川水位が下がっていることを確認したところで帰宅。

 

多くの警戒本部職員は、それ以降も残ってくれました。

 

今朝は午前9時に安桜保育園へ。

Img2447
↑ 今日は安桜保育園の七夕まつり

 

なぜ私が呼ばれたか・・・というと、園児が「関市民のうた」を歌ってくれるから。ご存じのとおり、正午になると同報無線から「関市民のうた」のメロディが流れます。

 

安桜保育園の園児の皆さんが、このお昼のメロディーを覚えてくれて「歌いたい」と言ってくれたそうですよ・・・ウレシイですね。

 

今日は短い時間でしたが、子ども達の元気いっぱいの可愛い姿で楽しませてもらいました。

 

その後、西田原公民館にて、今度は保育園児から打って変わって(笑)、西田原老人クラブの「長寿会」にて講演。

 

毎年、30分から40分ほどお時間をいただき、今年度予算の重点事業等を説明させてもらってます。

 

今日も今年度予算の5つの重点事業、その他のトピックス、田原地域に関する事業など、40分間をかけて説明しました。

 

自宅に戻って、久しぶりにジョギングを・・・と考えて着替えたのですが、外は強い雨に。

 

どうしようかな・・・と迷っていたところ、市長公室長から、関市に大雨特別警報が発令された、という電話あり。

 

走っている場合でない・・・ということで、着替えて市役所に入り、災害警戒本部から切り替えて災害対策本部を設置。

 

ずっと河川水位・雨雲レーダー・土砂災害危険度等の数値を確認しながら、県美濃土木事務所・岐阜気象台等からの情報を参考にしつつ、避難準備情報・避難勧告・避難指示の発令を判断。

 

注意喚起も含めて避難準備情報を判断するときもあり、水位の上昇が急であれば避難勧告を出すこともあり、連日の避難勧告より危険性が高いと判断して避難指示を発令し・・・一応の基準数値はあるのですが、いろいろ考えながら総合的に結論を出します。

 

(何とか人的被害も物的被害もないままに・・・)と心で願いながら、天に祈りながら、ずっと判断を続けてきましたが、津保谷地域への1時間100ミリの集中的な豪雨により、一気に津保川に水が流れることとなりました。

 

各地からの床上浸水情報や水の中で動けなくなった方の救助要請が次々と対策本部に入り、緊迫した状態での対応が続きました。

 

対応はするものの、被害の全容が対策本部でも把握ができず、やきもきした気持ちのままで、そのまま朝を迎えました。

 

« 大雨の災害警戒対応など | トップページ | 関市の大雨被害は床上・床下浸水が390棟弱 »

政治活動」カテゴリの記事

トラックバック

« 大雨の災害警戒対応など | トップページ | 関市の大雨被害は床上・床下浸水が390棟弱 »

読了した本

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ