フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 富野地域の被災者宅訪問、メイラ・関工団・キョウワ様から義捐金受領など | トップページ | 災害対策本部の会議、大野参議員と面談、第25代藤原兼房・刀匠の受賞報告、義捐金の受領など »

2018年8月 2日 (木)

被災者支援制度ガイドブック(第3版)が完成、富野・武芸川・桜ヶ丘等の被災者宅を訪問、義捐金の受領、9月議会の補正予算査定など

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ。

 

午前8時40分から、災害対策本部の会議。

 

被災者の方向けのさまざまな支援制度をまとめた冊子(第3版)が完成したので、順次、お配りをします。

 

当初、8月10日前後の配布を予定していた冊子ですが、できる限り早期の完成・配布を頼んだところ、それぞれの担当職員ががんばって1週間以上の前倒しをしてくれました。

 

上之保・武儀・富野地域は全戸配布を行い、それ以外の地域の被災者の方には個別に郵送いたします。

 

関市ホームページでもご確認をいただけます。

 

→ 被災者支援制度ガイドブック

 

国の支援制度は住家が対象となっていますので、被災された商工業者の店舗や工場に対する直接的な支援制度はありません。

 

今回、関市独自で被災された商工業者に対して、緊急支援補助金を設けて支援を行います。

 

その他、支援制度は多くの分野にわたりますので、よくお目通しをいただき、ご不明な点は市役所までお問い合わせをいただきたい、と思います。

 

その後、被災者宅の訪問。

 

今日は昨日にまわりきれなかった富野地域と、武芸川・黒屋・桜ヶ丘のすべてで20弱の被災者宅を訪問。

 

お留守のご家庭もありましたので、すべての方とお会いできたわけではありませんが、今日の午前中ですべての被災者宅の訪問を一通り終えました。

 

午後1時半から、総合福祉会館の3階会議室にて、せきの未来・社会貢献プロジェクト「みらプロセミナー」。

 

今日は「日本でいちばん大切にしたい会社」の著者の坂本光司さんをお招きしての講演会。

Img_2509

 

昨年からスタートした「みらプロ」ですが、すでに16事業所の皆さんに参加をいただき、現在も活動が広がっています。

 

私は公務のため、冒頭の挨拶だけで失礼したので、坂本さんの講演、その後のパネルディスカッションは聴けませんでしたが、今日のセミナーで広がりに弾みがつくことを期待しています。

 

午後1時45分から、全建総連関総支部様から15万円の義捐金の受領。

38198963_1766901690011639_526196719
↑ 被災直後の7月11日、全建総連のメンバー有志の方が、上之保にボランティアとして入っていただけたそうです・・・ありがとうございます

 

午後2時から、川辺町議会親睦会様から10万円の義捐金の受領。

38391617_1766825776685897_643527099
↑ 川辺町議会の平岡正男・議長と櫻井芳男・副議長・・・ありがとうございます。

 

続いて、株式会社敬愛様からビックマックス関店とエムカラーズ店より各100万円、合計200万円の義捐金を受領。

38227472_1766839606684514_575235843
↑ 3連休の初日には、武儀地域での災害ボランティアにも参加をいただいたそうです・・・ありがとうございます

 

午後2時半から午後6時過ぎまで、9月議会に提案する補正予算案の市長査定。

 

7月8日の豪雨災害以降、市長である私自身も、市役所全体としても、総じて災害対応に追われています。

 

ただし、市役所が抱えている業務は、すべての市民の皆さんや地域、あらゆる分野にまたがりますので、災害対応以外についても、当然のことながら進めていかなければなりません。

 

今朝の災害対策本部会議で話をしたのですが、災害直後はとにかく災害ボランティア・災害ゴミの運搬など短期間で集中的に被災者支援を行う「太く短く」をめざしたのですが、今後は精神的なケアも含めて「細く長く」の支援に移っていくと思います。

 

今週月曜日から、関市保健センター職員の保健師がすべての被災者世帯を訪問をして、身体・精神的な健康状態などのヒアリングや相談を続けていますが、これからはこういう活動が重要になってきます。

 

私自身が被災者宅を訪問する際、2回ほど保健師が被災者の方から話を聴いている場に遭遇しました。

 

私の訪問は、あまり長い時間ではありませんが、保健師は玄関に座り込んでジックリと被災者の現在の状況をヒアリングしてくれていました。

 

「細く長く」の支援は市役所だけでは完結しませんので、地域の自治会・社協・民生委員の皆さん、ボランティアの皆さんなど、多くのご協力をいただきながら、支援を行っていくことになります。

« 富野地域の被災者宅訪問、メイラ・関工団・キョウワ様から義捐金受領など | トップページ | 災害対策本部の会議、大野参議員と面談、第25代藤原兼房・刀匠の受賞報告、義捐金の受領など »

政治活動」カテゴリの記事

« 富野地域の被災者宅訪問、メイラ・関工団・キョウワ様から義捐金受領など | トップページ | 災害対策本部の会議、大野参議員と面談、第25代藤原兼房・刀匠の受賞報告、義捐金の受領など »

読了した本

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ