フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 被災者支援制度ガイドブック(第3版)が完成、富野・武芸川・桜ヶ丘等の被災者宅を訪問、義捐金の受領、9月議会の補正予算査定など | トップページ | 劇団四季のミュージカル、各地域の夏祭りなど »

2018年8月 3日 (金)

災害対策本部の会議、大野参議員と面談、第25代藤原兼房・刀匠の受賞報告、義捐金の受領など

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ。

 

午前8時40分から、災害対策本部の会議。

 

午前9時から、大野泰正・参議院議員と面談。毎年、各自治体をまわって地域要望のヒアリングを行っていらっしゃいます。

 

私からは、刃物ミュージアム回廊整備事業・国道156号東バイパス・学校トイレ洋式化・給食センター建設などについて、改めて要望。

 

また、先月14日には大野参議員も関市の被災地の視察に来ていただきましたが、津保川改修についても改めて要望。

 

午前9時半から、医療法人香徳会の加藤理事長・中央病院の植松院長と面談。

38392289_1768430773192064_317137846

 

理事長が交代されたということでのご挨拶でしたが、7月豪雨に対する義捐金もいただきました。

 

関中央病院は、中濃厚生病院と並んで関市の医療の2大拠点ですので、今後ともご協力をいただくようお願い。

 

午前9時50分から、現代刀職展で特賞の寒月賞を受賞された第25代藤原兼房・刀匠と面談。

 

25代・兼房刀匠は還暦を迎えられましたが、刀匠の世界ではまだまだこれからが本番とのこと・・・刀匠は長寿の方が多いということも話題になりましたが、これからさらに気力も技も充実した刀匠として、若手を引っ張っていただくことを期待しています。

38476858_1768417773193364_849125050
↑ 26代藤原兼房・刀匠は関青年会議所理事長です

 

午前10時10分から、関電設工業会様からの50万円の義捐金の受領。

38060939_1768451196523355_386383023
↑ 豪雨災害後、防犯灯などの点検を行っていただいたり、実際にボランティアとしても活動をいただいたそうです・・・ありがとうございます

午前10時30分から、ライン生コン株式会社様・ライン建販様から合わせて50万円の義捐金の受領。

38255334_1768433556525119_777798085
↑ 肥田瀬工場は津保川沿いですが、50年前の氾濫で工場に水が浸いたそうです・・・ありがとうございます。

 

午前10時45分から、関ロータリークラブ様から45万5千円の義捐金の受領。

38257328_1768437436524731_590853655
↑ 蛍を守る活動・ベトナムの学校へのパソコン寄付などの活動の話題も・・・ありがとうございます

午前11時から、NPO法人日本平成村役員の方と面談。

38022274_1768459759855832_752001355
↑ 被災した武儀地域ですが、「ありがとう!平成」をテーマに、記念ハンドタオルやお菓子を制作・・・「道の駅 平成」で販売しています

 

その後、打ち合わせや決裁など。

 

午後、皮膚科クリニックへ。普段は病院にかかることはほとんどありませんが、数日前から顔に腫物ができ、黒く大きめの痕が残りそうだったので。

かなり前にできた黒い痕のすぐ下にできたので、先生に訴えたのですが・・・

 

 「上のはどう見てもホクロですね。」

 

 「かなり前に同じように腫物ができた痕だと思うのですが・・・」

 

 「ホクロです。(断言)」

 

・・・私の勘違いでした。まぁ、時間とお金を使いましたが・・・安心料ですね。

 

その後、本町まちかどギャラリーの写真展を鑑賞。

 

内モンゴルを訪問した際の写真・・・いろいろ現地の興味深い現地での生活のお話も伺いました。

Img_2512

 

夜は妻の友人で、アメリカ在住・日系3世のアリソンさんとその娘のカイリーさんが自宅に泊まりに。

 

約20年前のアメリカでの新婚旅行の際、妻と一緒にサンフランシスコ郊外の自宅を訪問して以来の再会。

 

アリソンさんは長野県でAETの経験もありますが、娘のカイリーさんは日本ではこれまで東京のみの滞在で地方に出るのは今回が初めて。

 

明日と明後日の2日間、白川郷・高山の町並み・郡上踊り・美濃和紙・関の刀鍛冶&鰻丼と、駆け足となりますが、妻と娘と一緒に岐阜県を観光。

 

私も流暢な英語で会話・・・と書きたいところですが、言いたいことの1割も伝えられません。

 

妻がお土産のひとつに渡したのが扇子で、そこに「人間五十年、下天の内をくらぶれば・・・」と書いてあったので・・・これは岐阜城主でもあった織田信長が、まだ若かりしころ桶狭間の戦いの前に圧倒的な戦力を誇っていた今川義元に立ち向かう前に、覚悟の「敦盛」の舞を踊った一節で・・・と説明をしたいわけですが・・・まったく英語が出てきません。

 

驚いたのは高校生のカイリーさん、マクドナルドは今まで1回も食べたことがないとか・・・私はワシントンD.C.滞在時、ほぼ毎日食べていたような気も。

 

ラジオ英会話・・・細々と続けていましたが、7月豪雨で関市が被災してからはその余裕もなくホッタラカシ。

 

細々でいいので、続けなければ。

« 被災者支援制度ガイドブック(第3版)が完成、富野・武芸川・桜ヶ丘等の被災者宅を訪問、義捐金の受領、9月議会の補正予算査定など | トップページ | 劇団四季のミュージカル、各地域の夏祭りなど »

政治活動」カテゴリの記事

« 被災者支援制度ガイドブック(第3版)が完成、富野・武芸川・桜ヶ丘等の被災者宅を訪問、義捐金の受領、9月議会の補正予算査定など | トップページ | 劇団四季のミュージカル、各地域の夏祭りなど »

読了した本

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ