フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 無事にポルトガル・リスボンに到着 | トップページ | フィゲイラダフォス市にて関音楽劇の会のl皆さんと合流 »

2018年8月19日 (日)

ポルトガル・リスボンめぐり


今朝は午前8時半にチェックアウトをして、スーツケースをホテルに預けてリスボン市内へ。


まず地下鉄・トラムを乗り継いで、世界遺産のジェロニモス修道院へ。

午前10時からの開館でしたが、すでにかなりの行列。前の方に並べたのですが、それでも入館できたのは午前10時半でした。


↑ 美しい回廊が複数階にあるのは珍しいですね

その後、歩いて近くの発見のモニュメントへ。


↑ エンリケ航海王子、ヴァスコ・ダ・ガマ、マゼラン等をバックに・・・ポーズ思わずとっちゃいますね

スペインとともに世界を二分する勢いがあった往時のポルトガルに思いを馳せつつ。目の前の海から、世界の大海原に漕ぎだしていったのか、と思うと、時を超えて不思議な気もします。


また、歩いてベレンの塔へ。

発見のモニュメントもベレンの塔も中に入れますが、こちらは時間の関係もあり外観のみ。


市電で国立古美術館に向かうも、途中で止まってしまったためタクシーにて。道路の渋滞もないのでリーズナブルです。


↑ こちらの目玉のひとつは、日本からの南蛮屏風


次に、サン・ロケ教会へ。


↑ リスボンでここは必ず行きたかったところ・・・天正遣欧少年使節が1ヶ月間、滞在した教会。


スペイン・トレドでも天正遣欧少年使節が訪れた大聖堂を訪問しましたが、日本を出てから2年半をかけてリスボンに到着した4人の少年たちが立っていたところに、400年以上の時を隔てて同じ日本人として訪れている不思議さよ。


午後1時過ぎに、サン・ロケ教会から少し歩いたところのレストランで昼食。


↑ 外で食べたのですが、遠くにはサンジョルジュ城も見えてます


預けたスーツケースを取りにホテルまで帰る際、初めてuberを利用。


いやぁ、便利でビックリ。頼んで3分ほどで到着。

行き先を説明する必要もなく、支払いも現金ではなくクレジットカード請求で完了。


ホテルでスーツケースをピックアップして、現在、車にてフィゲイラダフォス市に移動中。


ヨーロッパの他国の首都(ロンドン・パリなど)と大きく異なり、リスボンはとても落ち着いた街でした。


ポルトガル全体でも1千万人、リスボン市は約48万人、近郊を含めても240万人という人口なので、そもそもが人口が集中していません。


地下鉄・トラム・バスが移動の中心で、タクシーの台数は意外なほど少ないですね。なんだか街を歩いている人が観光客ばかりで、一体、ポルトガル人はどこにいるのか、と思うくらい。


最初は少し物足りなさも感じたのですが、半日過ごすと時間がゆったり流れているようで、良い街だな、と思いました。


« 無事にポルトガル・リスボンに到着 | トップページ | フィゲイラダフォス市にて関音楽劇の会のl皆さんと合流 »

政治活動」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポルトガル・リスボンめぐり:

« 無事にポルトガル・リスボンに到着 | トップページ | フィゲイラダフォス市にて関音楽劇の会のl皆さんと合流 »

読了した本

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ