フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 「関の工場参観日」は4,900人のご来場をいただき終了 | トップページ | スポ少野球市長旗大会、上之保復興コンサート、國島・高山市長が見事3選など »

2018年8月25日 (土)

ポルトガル訪問の雑感

 

ポルトガル・スウェーデンの現地でもブログは更新していましたが、最低限の報告の意味で書いていました。

 

これから折を見て雑感を備忘録として、気の向いたときに書いていきます・・・あくまでも感想ですので、とりとめもなく。

 

【ポルトガル】

高校1年のとき、社会の地理の授業でポルトガル・スペインで世界を二分する約束をした1494年の「トルデシャリス条約」を初めて学び、(いや、なんだかスゴイ国だな)と感じたことを覚えています。

 

ただし、大航海時代がポルトガルのそれほど長くない絶頂期であり、失礼な考え方だとは思いますが、それ以降は「斜陽」の国のイメージを持っていました。

 

日本も戦後に驚異的な経済復興を成し遂げ、世界でも有数の経済大国になり、ある意味では絶頂期を迎えていたわけですが、今は長期にわたる経済低迷・人口減少が続いていることを考えると、ポルトガルと日本を勝手に一部重ねあわせてしまいます。

Img_2695
↑ ポルトガルの絵画の国宝とも言われる「サン・ヴィセンテの祭壇画」・・・国立古美術館にあります

 

今回、初めてポルトガルを訪問しましたが、先のブログにも書いたように、首都のリスボンは他国の首都に比べて、街並みがとても落ち着いていて、人の情も深いように思い、とても居心地良く感じました。

Img_27111
↑ 天正遣欧少年使節が1ヶ月ほど滞在したサンロケ教会の近くの階段

 

産業として国としていかに稼ぐか、という課題はあり、国民の所得がどのレベルか、という点は別として、生活としてはポルトガルの生活は決して「斜陽」の国で貧しい・・・という感じは受けませんでした。

むしろ、それぞれのレベルに応じて穏やかに暮らしているような印象です。(駅などにはホームレスの姿もありましたが)

 

ヨーロッパの国の中では控えめな応対の印象であり、その点、日本人と通ずるものがあるように思うのですが、その感想をポルトガル人に述べたら、「日本人に合わせているのでなく、ポルトガル人は世界の誰とでも合わせることができる」と強調されていました。

 

この「控えめ」な態度も、長年にわたる独裁体制で秘密警察等に弾圧されてきた影響・・・という指摘もあるようなので、一概に控えめで穏やかと評価することは単純に過ぎるかもしれませんが。

 

首都であるリスボンも落ち着いているので、そこから2時間離れたフィゲイラダフォス市は、リゾート地ということもあり、さらに穏やかでした。

Img_2724
↑ フィゲイラダフォスのホテルの部屋から・・・ポルトガル国内もしくは海外から多くの人が訪れるリゾート地

 

日本ではフィゲイラダフォス市という名前はほとんど知られていないと思いますし、「地球の歩き方」などのガイドブックにも出てきません。

 

しかし、大西洋を望む7キロに及ぶ海岸が続く、とても美しい街でした・・・ポルトガルを旅行されるときにはぜひ・・・おすすめです。

 

それとは別の話・・・市役所にてフィゲイラダフォス市長と面談しましたが、面談当日の朝になって「昼食を一緒に」という話になり、面談の途中で「昼食後の予定は何かあるのか」という話になり、「夕食は公演会場のレストランが予約してある」ということに。

 

加えて、昼食の最中に「公演前にステージで挨拶を」ということに。

 

出発前の現地との打ち合わせでは、市長との面談を終えた後は、自分たちで昼食をとり、コインブラに列車で訪問し、夕食はポルトガル大使にご招待をいただき大使館がレストランを予約済み、ステージでの挨拶はなし、ということを確認していたのですが・・・すべて当日にひっくり返るという(苦笑)。

Img_2754
↑ フィゲイラダフォス市での昼食は大きなヒラメ・・・それも2匹

結果的には、市長自ら市内を案内いただき、昼食に海の幸をご馳走になり、コインブラまでの往復も車に同乗させてもらい、夕食もポルトガル料理をまたまたご馳走になり、公演前に挨拶までさせてもらい・・・これはこれでありがたかったのですが、日本の感覚ですと、(事前の打ち合わせは何だったんだ・・・)と。

Img_2773
↑ コインブラの通り

 

さすがラテン系・・・と一言でまとめていいのか、分かりませんが、とにかく日本との違いはあります。

 

« 「関の工場参観日」は4,900人のご来場をいただき終了 | トップページ | スポ少野球市長旗大会、上之保復興コンサート、國島・高山市長が見事3選など »

政治活動」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポルトガル訪問の雑感:

« 「関の工場参観日」は4,900人のご来場をいただき終了 | トップページ | スポ少野球市長旗大会、上之保復興コンサート、國島・高山市長が見事3選など »

読了した本

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ