フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 台風24号の災害警戒本部 | トップページ | 9月議会が閉会、中部地整局長に津保川改修要望、小瀬区の市政研修会など »

2018年10月 1日 (月)

小金田中での出前講座、尾藤・県議会議長の就任祝賀会の慰労会など

私自身は午前3時過ぎには自宅に戻りましたが、危機管理課職員を中心に、多くの職員が徹夜で台風24号に対応してくれました。

 

市役所の各課それぞれもちろん大変なのですが、今年は特に危機管理課・本部連絡員は徹夜対応が続いています。

 

早い段階からの警戒対応も含めて、真摯に対応をしてもらい感謝です。

 

今日は午前10時45分から、小金田中にて自治基本条例の出前講座。

 

3年生が対象ですが、3年前にも同じく3年生を相手に同じ出前講座で話したことがあります。

自治基本条例の具体的な内容については、市民協働課の職員が私の後に話してくれるので、私はいつも市民自治については概略のみ。

 

関市の紹介もしますが、私としては「市長を志した理由」がメイン。

 

高校生時代に市長を志した経験から、その夢・目標があったので、おそらく市長としてここに立っている・・・という話と同時に、そんなに焦らず、自分の将来を決める必要はなく、これからいろいろな経験をしていく中で決めていけばいい、という、少し矛盾した話をいつもします。

 

夢・目標はそのときどきにあった方がよいと思いますが、極端なことを言えば、日替わりでも良いわけなので。

 

日替わりで人生の夢が替わるのは、悪い話ではなくて、それだけ毎日人生が変わるほどの体験をしている・・・ということだと思うので。

 

中学生にどこまで私の想いが伝わっているか、分かりませんが。

Img_3020_2
↑ 私の後は、市民協働課職員がレク

 

今日は質疑応答の時間が短くなってしまったので、唯一もらった質問は、

 「市長になって、大変なことはなんですか?」

 

というものでした。

 

私の答えは、

 

 「ムリヤリ市長にさせられたら、いろいろ大変かもしれないけど、すべて「自分で選んだ」道なので、その意味では大変なことはないです。」

 

というもの。

 

家庭・地域・学校で子ども達を育てていくことは重要ですが、最終的に人生をそれぞれ歩むか、ということは、家庭でも地域でも学校でもなく、本人自体しか決められない、と思います。

 

誰かに選んでもらった人生や、否応なく選ばされた人生・・・という意識が少しでもあれば、その人は何かトラブルがあれば、すべて誰かの責任に転嫁してしまうでしょう。

 

最後に、学年全体の合唱を聴かせてもらいました。歌声はもちろん、歌う姿勢もしっかりとしたもので驚きました。

 

午後、市役所に入ってから打ち合わせや決裁など。 

午後6時から、先月の尾藤義昭・県議会議長の就任祝賀会の慰労会に出席。

 

市内の錚々たるメンバーが揃っていらっしゃいましたが、隣の坂井勇平・商工会議所会頭のお蔭さまで、限られた時間でしたが意見交換をしながらの楽しく懇親できました。

 

« 台風24号の災害警戒本部 | トップページ | 9月議会が閉会、中部地整局長に津保川改修要望、小瀬区の市政研修会など »

政治活動」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523972/67229527

この記事へのトラックバック一覧です: 小金田中での出前講座、尾藤・県議会議長の就任祝賀会の慰労会など:

« 台風24号の災害警戒本部 | トップページ | 9月議会が閉会、中部地整局長に津保川改修要望、小瀬区の市政研修会など »

読了した本

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ