フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« ラオス・ヴィエンチャンに到着 | トップページ | 関ライオンズクラブ創立60周年事業・学舎寄贈式典 »

2019年2月13日 (水)

JETRO・ラオス大使・サイタニー郡知事・ナコーンフアン小中学校を訪問

今朝は午前6時半に起床・・・ヨーロッパでは、いつも午前4時や5時に目が覚めてしまっていましたが、今日は目覚まし時計が鳴るまでグッスリ。


午前7時過ぎからジョグへ・・・ホテルから数百メートル走ればメコン川。

F573a9b59ac04a3980bc9cd34bc11e72
↑ 地元ラオスの人も大勢散歩されていました・・・今は乾季なので水は少なめ


驚いたのは、メコン川の左側はタイ・・・メコン川が国境となってます。首都がここまで国境に接しているのは珍しいのでは・・・安全保障上も。


午前9時半にロビーに集合して、バスにてJETROヴィエンチャン事務所へ。

午前10時から、岩上・所長からラオスの経済・投資状況やアセアン諸国の中での位置など、実際に多くのデータを示していただき、分かりやすく説明をいただきました。


ラオスは中国・ベトナム・タイ・ミャンマー・カンボジアと5カ国に囲まれた内陸国ですが、中でもタイ・中国・ベトナムと関係が深いそうです。


日本にいると、ラオスは中国寄り、というイメージが強いですが、必ずしも一辺倒ではなくラオス政府はバランスを取っているそうです。


日本企業の進出も徐々に増えていて、中国・プラス・ワンもしくはタイ・プラス・ワンとしての候補先。

人口が約700万と少ないですが、経済成長率も6〜7パーセントを続けています。が、インフラ・国民性・教育など、いろいろな課題はあり、今後の政策によってまだ大きな伸び代がある国だと思います。

C67b991dca6e42cb99d438ead6722f55
↑ 岩上・所長からのレク

正午前に在ラオス大使公邸を訪問。


引原・大使と一緒に昼食をとりながらの懇談会。

改めてラオスという国の現在地について、いろいろと教えていただきました。ラオスの各国の投資状況と関係、観光客誘致や日本との直行便、水力発電や金・銅鉱山、ラオスの国民性などについて。

79634270cbd74ec4930421eaa236159d
↑ 大使公邸前の庭からは美しいメコン川が臨めます

ちなみに、とても美味しい和食だったのですが、シェフの方はタイ人でビックリ。


続いて、サイタニー郡の役所を訪問して、郡知事・副知事・教育局副局長等と面談。


今回のライオンズクラブの訪問受け入れのお礼や、今後の交流について意見交換。


Fe8eec9be33642f3a41f677ae9364e69
↑ 社会主義国家もしくは社会主義国家だったところは、こういう挨拶でやたらと形式ばった型通りの挨拶をするイメージがありますが、ラオスはそういう感じではなかったです


次にサイタニー郡のナコーンフアン小中学校を訪問。

3228304f767742f4b44636c0ef1cf258
↑ こちらが校舎・・・日本のNPOであるDEFCさんが支援されている私立学校

510261790ec54c1cb0877635fb840377
↑ 国が変わっても子ども達の元気さは変わりません・・・小学校1年生の子ども達と


ちなみにラオスでは小学校5年間が義務教育だそうです。


ライオンズクラブの皆さんが刃物まつりで集められた文房具などを、小中学校の子ども達にプレゼント。


午後6時から、ヴィエンチャン市内のレストランにて、引原・大使やJETRO所員の方、DEFCの方などをお招きしてのレセプション。


メコン川の夕陽を眺めながら。

480f707274fb4b8cb70733215dd5d7db


午後9時過ぎに終了してホテルへ。

« ラオス・ヴィエンチャンに到着 | トップページ | 関ライオンズクラブ創立60周年事業・学舎寄贈式典 »

政治活動」カテゴリの記事

トラックバック

« ラオス・ヴィエンチャンに到着 | トップページ | 関ライオンズクラブ創立60周年事業・学舎寄贈式典 »

読了した本

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ