フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 市町村共済の保養所「紫雲荘」、ラグビーナショナルキャンプ推進委員会など | トップページ | 県議選の事務所まわり、森口祐子プロのゴルフ殿堂入り記念祝賀会 »

2019年3月29日 (金)

県議選の出陣式、津保川が「浸水対策重点地域緊急事業」に採択、退職辞令交付式、関市木曽川右岸用水土地改良区の通常総代会など

 

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ。

 

午前9時から、今日からスタートする県議選、まずは尾藤義昭・県議会議長の出陣式へ。

 

昨年7月豪雨災害の後、道路・河川復旧では尾藤・議長に大変なお力添えをいただいたことをお伝えして、皆さんのご支援をお願いしつつ激励のご挨拶。

 

武藤容治・衆議員から出陣式でもご紹介いただいたのですが、本日、国土交通省・岐阜県から発表があり、来年度から新たに創設される「浸水対策重点地域緊急事業」に関市の津保川が採択されました。

Photo_5

Photo_6

全体事業費は約48億円の計画で、河道掘削・堤防整備・護岸整備・合流点是正を、来年度から5年間をかけて実施していただきます。

 

武藤容治・衆議院議員、尾藤義昭・議長、酒向薫・県議には関市からの要望を全面的に支援いただき、国土交通省・財務省・岐阜県の皆さんにもご理解をいただき、実際に新しい制度が創設された中で、関市・津保川をモデル事業にしていただきました。

 

流域の皆さんの生命・財産を守ることにつながります。心から感謝申し上げます。

 

→ 国土交通省の発表ページ

→ 岐阜県河川課の発表ページ

 

続いて、午前9時半から酒向薫・県議の出陣式。

 

同じく災害対応へのご尽力に加えて、刃物ミュージアム回廊整備についても、ご支援をいただいていることに触れながら激励のご挨拶。

 

その後、美濃市の佐藤武彦・県議、関市の林幸広・候補の事務所を訪問。

 

続いて、近隣市で関市がお世話になっている岐阜市の玉田和浩・県議、美濃加茂市の小川恒雄・県議の事務所を訪問。

 

午後1時半前に市役所に入り、退職・転出辞令の交付。

 

例年、午前中に辞令交付は行いますが、今日は県議選の告示日と重なったため、時間をずらしてもらい午後からの辞令交付となりました。

 

私からは、長年にわたって市役所職員として関市のため、市民の皆さんのためにご奮闘をいただいた皆さんに、ただただ心からの慰労と感謝の言葉を伝えるだけです。

 

市長と職員という関係ですので、もちろん「上司と部下」という関係もあるのですが、私としては職員の皆さんと「同志」として一緒に数多くの苦難を乗り越えながらともに歩んできた思いが強いです。

 

若くして退職される方もいますが、それぞれの皆さんが新しいステージでご活躍されることを心からお祈りしています。

 

改めて、長年にわたってお疲れ様でした。至らない市長を支えていただき、ありがとうございました。

 

その後は年度末ということで決裁タイム。

 

そういえば、今日、わざわざ関信用金庫さんからご連絡をいただき、先日のネットバンキングの表示を「216円(月額)」と分かりやすく変えていただいたそうです。

Photo_7 
↑ 確かに(月額)と説明が加わってますね

 

ネットバンキングを申し込む際、以前のこのページを見て「年額216円なら申し込んでもいいかな」と判断をしたわけですが、ネット銀行や地銀などのネットバンキングは無料で利用しているので、当然、216円は年額だと決めつけてました。

 

先日のブログ記事は、私自身がいわゆる「情弱」だったな・・・という反省の意味も込めて書きました。

 

夜は午後7時から、田原ふれあいセンターにて、関市木曽川右岸用水土地改良区の通常総代会。

 

理事長として出席してご挨拶。

 

現在、平成27年度から32年度までの計画で、緊急改修事業を45億円の事業規模で進めていただいていますが、労務費・資材費の高騰や工法の変更等により、全体事業費が50億円に増えることになり、今日はその説明と負担についての了承を求める議決など。

 

午後8時過ぎに終了。

 

 

« 市町村共済の保養所「紫雲荘」、ラグビーナショナルキャンプ推進委員会など | トップページ | 県議選の事務所まわり、森口祐子プロのゴルフ殿堂入り記念祝賀会 »

政治活動」カテゴリの記事

読了した本

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ