フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 第69回町内対抗野球、倉知ふれあいウォーキング、関ご当地グルメ大会、せき市民防災フェア、町内対抗野球・東田原は1回戦で敗戦など | トップページ | 池尻区から要望書受領、100歳のお祝い訪問、県市町村振興協会の評議員会、ラグビーキャンプ推進委員会など »

2019年6月17日 (月)

板取にて交通安全の督励巡視、小瀬区から要望書受領、6月議会の本会議(4日目)など

 

今朝は午前6時10分に自宅を出て、交通安全の四者督励のために板取白谷へ。

 

午前7時に集合して簡単な出発式を終えてから板取地域内を巡視・・・途中、板取小下にて交通安全指導で立っていただいてる皆さんに下車してご挨拶。

 

午前8時過ぎに解散。

 

市役所に入ってから、打ち合わせや決裁など。

 

午前9時半から、小瀬区役員の皆さんから要望書の受領。

 

各区・各自治会から多くの要望をいただきますが、一気にすべては無理にしても、少しでも要望に応えていけるよう、地域バランスも考えながら箇所付けをしているつもりです。

 

午前10時から、6月議会の本会議(4日目)

 

今日は3名の議員から一般質問。今日で本会議での質問は終わり、委員会審査に入っていきます。

 

今議会に限らず、それぞれの会派・議員から多くの代表・一般質問をいただく立場なのですが、「意志」や「思い」を感じるか否か、が質問の良し悪しを見分けるひとつの判断基準かな、と思います。

 

何を質問してもらっても自由なわけですが、「この件について、近年の数字を教えてください」とか、「これについて、関市の状況を説明してください」とか、もし知りたいと思えば担当課に電話して聞いてもらえれば、それで事足れり、という質問を繰り返される場合もあります。

 

こういう質疑応答が悪いわけではないのですが、たとえば数字や状況を尋ねるのであれば、その後に、「その数字をさらに良くするために、こういう事業をしてはどうか」とか、「そういう現況であれば、既存の事業をこう改善すべきではないか」という、問題意識に基づく意見・提案があることが望ましい、と思います。

 

事実確認だけを求める質疑を繰り返されると、その議員の方の「意志」や「思い」は那辺にあるのか・・・という雰囲気になりますね。

 

本会議終了後、打ち合わせや決裁など。

 

夕方、締め切りを過ぎていた、広報せきの市長コラムを執筆。

 

Img_4828
↑ 25日のアメリカ出発に向けて、やっとスーツケースを出せました

 

基本、部屋の床にスーツケースを出しっ放しにして、この1週間で少しずつ準備をしていきます。

 

2月にチェコで買ったトラベルケトルですが、電圧もコンセントもアメリカでは使えない・・・ということが今日分かったので新たに注文。海外のホテルでは電気ポットが置いてない部屋が多いですからね。

 

 

« 第69回町内対抗野球、倉知ふれあいウォーキング、関ご当地グルメ大会、せき市民防災フェア、町内対抗野球・東田原は1回戦で敗戦など | トップページ | 池尻区から要望書受領、100歳のお祝い訪問、県市町村振興協会の評議員会、ラグビーキャンプ推進委員会など »

政治活動」カテゴリの記事

読了した本

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ