フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 本巣市にて県市長会の総会、新潟県燕三条に移動 | トップページ | 関市消防団・女性分団の結団式、敬老会のハシゴ、関市ラグビーフェスティバル、文化会館での邦楽祭など、武芸川ふるさと花火大会 »

2019年10月 5日 (土)

燕三条の「工場の祭典」視察

 

昨晩は午後10時前には、燕三条駅近くのホテルにチェックイン。

 

午前8時半にチェックアウトして、三条市の職員の方と合流して、さらに隣のホテルにて奈良・越前市長と合流。

 

越前市の公用車に同乗させていただき、10月3日から6日の日程で開催されいてる「工場(こうば)の祭典」の視察。

 

まず、鑿(のみ)鍛冶の「田齋」さんへ。

 

刃物づくりの現場は、関市内でも多く訪問していますが、大工さんが使う「鑿」は初めて・・・包丁づくりと同じところと、鑿ならではの作業工程もあり、(へぇーっ)という点がいくつか。

Img_5625

Img_5627

 

続いて、株式会社タダフサへ。

 

こちらで、関市の「工場参観日」のメンバーの方とも遭遇。

 

こちらは包丁ですので、関市でも見慣れた光景なのですが、今日はイギリスから来日された職人さんも実演。

 

この工場ではオーストラリア出身の方も職人として働いています。また、「工場の祭典」そのものの来場者も、想像以上に海外からの来場者が多いことも驚き。

Img_5629

Img_5630

Img_5632


見学終了後、國定・三条市長と合流。

 

ここから、三条市の公用車に同乗させていただき、廃校となった小学校舎を活用した「三条ものづくり学校」へ。

Img_5643
↑ 三条市・越前市・関市は、「刃物」つながりで災害支援協定や産業観光協定を結んでおり、今回の訪問もそのご縁です

 

Img_5635
↑ 校舎内はカフェ・民間企業・福祉事業者等が入居・・・非常に安価な賃料設定とのことで、今はすべて埋まっているそうです

Img_5636
↑ 当たり前ですが、校舎そのものです

 

こちらでは、「産業の祭典」と銘打って、各地のブースが並んでいるのですが、関市からの「工場参観日」ブースも出展。

 

次に、株式会社近藤製作所の工場へ。

 

こちらは農業で使用する「鍬」(くわ)を製造・・・一口に鍬・鋤と言っても、たくさんの種類があるんですね。

Img_5649

Img_5650

 

続いて、株式会社マルト長谷川工作所へ。

 

ニッパーなどに加えて、最近は理美容製品の製造も展開されているそうです。まだオープンしたばかりの展示施設を見せていただきました。

Img_5652

Img_5651
↑ 施設内のトイレのノブ

 

次に、燕三条地場産業振興センターへ。

 

こちらの施設内にあるレストランにて昼食。

 

以前のレストランを大規模改装をされて、燕三条の製造品や地場野菜を使うセンスの良い空間になっていました。

Img_5653
↑ 奥の個室では、燕三条を紹介するプロジェクションマッピングを投影しながらの食事

 

半日という限られた時間ではありましたが、工場の見学イベントである「工場の祭典」・廃校舎の利活用・飲食施設のあり方など、関市を思い浮かべながらの参考になる視察でした。

 

國定・三条市長、三条市役所の皆さん、工場の皆さん、お世話になりました。ありがとうございました。

 

 

燕三条駅から上越新幹線で東京駅へ、乗り換えて東海道新幹線で名古屋駅へ。

 

夜は明後日の代表質問の原稿案の確認。

 

ラグビー日本代表、サモア相手に思い通りにいかない時間帯もありましたが、見事、ボーナスポイントを獲得しての勝利。

 

最後のスクラムは見事でしたね。

 

南アフリカ代表も、昨晩、イタリア相手に49vs3と圧倒・・・両チームとも楽しみです。

 

 

出張時のカバン・バッグ問題について。

 

日常使いとしては、義父から譲ってもらったTUMIのバッグを使ってます。マチも拡がるので容量は大きいのですが、片手で取っ手を持つのには重くて、出張時に荷物が増えていくと骨が折れます。

 

そのため、出張には、これまた名古屋の叔母からもらった薄めの革バッグを利用。軽くて使いやすいのですが、1泊2日で着替えを詰めるとパンパンになってしまい、これはこれでストレス。

 

・・・ということで、これまで封印してきたリュック型のバッグを購入。

 

スーツにリュック・・・というスタイルに抵抗がありましたし、リュックでこすれたら肩や背中のスーツの生地が傷むだろうなぁ・・・と手が出なかったのですが、失敗しても後悔しない程度の価格のものを買ってみました。

 

今回の出張で、初めて使ってみた感想・・・メチャクチャ便利で楽。

 

Img_5622
↑ 荷物を背中に担げるのは楽ですし、両手が使えるのが良いですね

 

ただ、縦型なのでバッグを置いたときに、倒れてしまうのには、少し困りました・・・まぁ、当たり前なのですが。

 

これから要望のための出張が多いシーズンですが、2泊3日ぐらいの出張なら、このリュックバッグが活躍してくれそうです。

 

出張のときは、サンテイさんのスーツではなく、擦り切れても気にならない程度のスーツを選んで着ていくことになりますが。

 

« 本巣市にて県市長会の総会、新潟県燕三条に移動 | トップページ | 関市消防団・女性分団の結団式、敬老会のハシゴ、関市ラグビーフェスティバル、文化会館での邦楽祭など、武芸川ふるさと花火大会 »

政治活動」カテゴリの記事

読了した本

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ