フォト
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 県スポーツ少年団指導者・育成母集団研修会など | トップページ | 関市民元旦サッカー大会、スポ少野球駅伝大会、いきいきフェスタ、中央親子教室のうんどう会、平成わっしょいマルシェ、ボール回しコンテスト、民児協退任式・委嘱状伝達式、子ども俳句コンクール表彰式 »

2019年11月30日 (土)

インドネシア徒然記

 

すでにブログにも書いていますが、11月11日(月)から13日(水)までの3日間、インドネシアにひとりで旅行に行きました。

 

現地でもブログはアップしたのですが、写真はなかなかアップできなかったので、自分の記録のためにも写真中心の徒然記。

 

Img_0163
↑ ジャカルタの空港に着いてから、ターミナル間を移動できるスカイトレインに乗車


Img_0165
↑ 国内線のターミナルはローカルな良い感じ

Img_0168
↑ ジャカルタからジョグジャカルタの国内線はライオンエアー・・・往復で7,000円とお値打ち価格

Img_0179
↑ ジョグジャカルタの繁華街でありマリオボロ通り・・・大勢のお客さんで賑わってました

Img_0181
↑ 観光客向けに馬車が何台も走ってました

Img_0186
↑ マリオボロ通りの屋台で食べたチキン付ナシゴレンとレモンティ・・・翌日、ずっとお腹の調子が悪かったのですが、おそらくこれが原因(苦笑)

Img_5941
↑ ジョグジャカルタのホテルの朝食・・・これはホントにおいしかったです

Img_5943
↑ 朝8時過ぎに、旅行会社に頼んだ車がホテルに到着・・・インドネシアでは日本車が結構走ってます

Img_5949
↑ スルタン宮殿のクラトン

Img_5950
↑ ジョグジャカルタの歴史を紹介する部屋もあったのですが、日本占領時代の写真も

Img_5952
↑ 「水の王宮」と呼ばれているタマンサリ・・・今でも美しいですが、昔はさらに壮麗だったでしょうね

Img_5953
↑ スルタンはこの小窓から水を浴びている女性を見て品定めをしたとか

Img_5958
↑ こちらもタマンサリ・・・掃除をしていた親切な人がずっと案内してくれました

Img_5965
↑ こちらが世界遺産のボロブドゥール寺院・・・想像以上に大きな建造物でビックリ

Img_5966
↑ すべてに彫刻が施されていますが、膨大な時間と労力がかかっていることを実感

Img_5971
↑ ボロブドゥール寺院の頂上近くから

 

Img_5986
↑ 自分が写っている写真はこれくらい・・・ジャコウネコ・コーヒーのお店の前で・・・ちなみに11月でも気温は30度を超えてます

 

ズボンはゴルフ用の速乾のもの、黒いポロシャツも速乾性、長袖シャツは日焼けを防ぐ暑さ対策と冷房効き過ぎの寒さ対策

 

Img_5992
↑ こちらも世界遺産であるプランバナン

Img_5993
↑ 大勢の人が集まって祭事が行われていました

Img_5997_20191130175401
↑ こちらは朝6時過ぎのジャカルタの空港ラウンジでの朝食・・・ひたすらナシゴレンとチキンを食べてました

 

訪問する国を決めるときは、とにかく今まで行ったことがない国が条件。

 

初訪問となるインドネシアを選択し、当初はジャカルタに行くつもりだったのですが、インドネシアは首都をジャカルタから移転しようと考えているくらい渋滞が激しいので、飛行機で1時間のジョグジャカルタに目的地を決定。

 

とにもかくにも、ひとりで行く以上、事前の準備も現地での対応も自分でやるしかないので、これも求めていたこと。

 

ジョグジャカルタにたどり着くまでも、なかなか順風満帆とはいかず、小さなトラブルはたくさんありましたが、こういう状況を求めていたんだなぁ・・・と。

 

インドネシアも発展しつつあるのは間違いないですが、ベトナム等と比べると爆発的な活気までは感じませんでした。もちろん、首都ジャカルタは短時間かつ空港周辺しかおらず、ジョグジャカルタしか行っていないので感覚だけですが。

 

インドネシアの約90%はイスラム教なのですが、1日ずっと付き合ってくれた運転手のATOKさんもイスラム教徒。

 

イスラム教では婚前の同居が禁じられているので結婚が早い・・・と説明してくれました。ATOKさんも25歳で、すでに結婚をしてお子さんもいます。

 

両親は離婚をしていて、お父さんはお米・煙草の農家、お母さんはマレーシアに住んでいらっしゃるそう。

 

女性のヒジャブも、インドネシアで見ると、多くの方がしているのでまったく違和感ありませんね。

 

イスラム教の国だなぁ・・・と一番感じたのは、アルコールを飲める場所が限られていること。

 

なるほどなぁ、と。

 

なんちゃって英語で過ごしましたが、運転手のATOKさんは「日本人は英語が話せないから困る」とグチってました。

 

私のなんちゃって英語でも、「通じるから助かる」と喜んでましたね・・・加えて、「ひとりで乗ってくるのは、あなただけだ」とも言ってましたが(笑)。

 

以上、インドネシアの写真中心の徒然記。

 

 

« 県スポーツ少年団指導者・育成母集団研修会など | トップページ | 関市民元旦サッカー大会、スポ少野球駅伝大会、いきいきフェスタ、中央親子教室のうんどう会、平成わっしょいマルシェ、ボール回しコンテスト、民児協退任式・委嘱状伝達式、子ども俳句コンクール表彰式 »

日常」カテゴリの記事

読了した本

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ