フォト
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 日本ラグビー協会の森重隆・会長と面談、初めての根津美術館、南アフリカ観光局を訪問、南アフリカ大使と面談、RIZAP株式会社を訪問 | トップページ | 答弁調整の最高幹部会議、関工団協同組合との懇談会、関市体育協会の合同会議など »

2019年12月 5日 (木)

岩佐富雄さんが日本溶接マイスターに、関遊船株式会社の株主総会、国保運営審議会から答申、全国大会出場選手の激励会、後藤雄介・前商工会議所会頭の叙勲のお祝い会

 

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ。

 

市役所に入ってから、打ち合わせや決裁など。

 

午前10時から、日本溶接協会から日本溶接マイスターとして認定された岩佐富雄さんと面談。

Img_6150

今回が初めての認定で、全国で22名が選ばれた中のおひとりです。

 

岩佐さんは溶接の技術を競う大会で、息子さんともども何度も優秀な成績を収められています。また、高校生への指導など、後継の育成にも力を注いておられます。

 

その後、協議など。

 

午前11時から、関商工会議所にて関遊船株式会社の株主総会に出席。

 

例年は関観光ホテルでの総会ですが、今回はとある事情があり、急遽、会場が変更になったそうです。

 

今シーズンは7,001人の乗客数となり、目標の8,000人には届かなかったものの、昨シーズンよりは27%増という結果でした。

 

ここ数年、駐車場の新たな整備、事務所へのWiFi整備、事務所トイレの洋式化、トイレカーの試行的導入、フレンチの弁当の提供などなど、いろいろな改善に取り組まれています。

 

すぐには結果につながっていませんが、今後も継続して取り組んでいくことが大切だと思いますので、関市としても一緒に歩みを進めたい、と思います。

 

また、鵜舟・観覧船が通るときに邪魔になっていた岩について、県美濃土木事務所において撤去工事をしていただけることになりました。ありがたいことです。

 

挨拶のみで抜けさせてもらい、午前11時半からメモワール関にて地元の方の告別式に参列。

 

ご焼香を上げさせてもらい、最後までお見送りしてから帰宅。

 

午後2時から、上大野自治会役員の皆さんと面談。

 

橋の架け替えに関して、橋の幅について要望。ご要望の趣旨については重々理解できるのですが、関市としての考え方を説明しました。

 

午後2時45分から、国保運営審議会から答申書の受領。

 

安定的な財政運営ができるよう、加入者の方がに急激な負担増とならないよう、状況を見極めて最終的に判断をしていきたい、と思います。

 

午後3時から、時事通信からの市長選3期目についてのインタビュー。

 

入社2年目の記者の方が、早稲田出身ということで、大学時代の話なども。つい先日、大学時代によく行っていた焼き鳥屋に行ったばかりですし。

 

今期、重点的に取り組む事業の説明など。

 

午後4時半から、全国大会に出場する選手の激励会。

 

今日はそれほど参加選手が多くなかったので、種目ごとにそれぞれ激励の言葉を伝えました。

Img_6149

 

午後6時から、関観光ホテルにて、武儀地域救急業務連絡協議会。

 

武儀医師会・中濃病院・関中央病院・県中濃事務所など、救急業務に関わる期間の連携会議。

 

幸いにして、中濃地域では各機関のご協力により、救急の受け入れについては、大きな問題なく対応していただいています。

 

挨拶では、中濃消防組合の管理者として、現状のご尽力に対するお礼と今後の変わらぬご協力についてお願い。

 

挨拶で抜けさせてもらい、旭日双光賞を受賞された後藤雄介・前関商工会議所会頭のお祝い会に出席。尾藤県議の呼びかけにより、約20名が出席してのお祝い。

 

私の両親はともにフェザーで働いていたというご縁もあり、後藤・前会頭には大変お世話になりました。

Img_6147

 

来週、東京にて受賞式に出席されるのですが、「モーニングを着て出席する」というお話だったので、「ホテルで借りられるのですか?」とお尋ねしたら、なんと50年以上前(!)にご自身の結婚式で着用したモーニングだそうでビックリ。

 

最後は、尾藤県議に送っていただき帰宅。

 

« 日本ラグビー協会の森重隆・会長と面談、初めての根津美術館、南アフリカ観光局を訪問、南アフリカ大使と面談、RIZAP株式会社を訪問 | トップページ | 答弁調整の最高幹部会議、関工団協同組合との懇談会、関市体育協会の合同会議など »

政治活動」カテゴリの記事

読了した本

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ