フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

政治活動

2019年6月26日 (水)

オレゴン州ポートランドに到着

 

日本時間午後6時40分に成田空港を出発して、アメリカン航空にてロサンゼルスへ。

 

今回は旅行会社には頼まず、直接、航空会社のサイトからチケットを購入したり、ホテル予約サイトから予約したり。

 

準備する職員は多少大変なところもあったと思いますが、昔ならともかく、今は誰でもパソコンからでもスマホからでも簡単に予約できる時代なので。

 

成田からロサンゼルスまで9時間ほどのフライト。

 

ロサンゼルスで税関も含めて入国審査。

863805f7d92f4182ae0183e501d56e22

↑ まったくロサンゼルスらしさを感じない写真ですが・・・

 

20年ぶりのアメリカですが、今の税関・入国審査は機器がメインなんですね。

 

ショックだったのは、事前に購入して持参したsim カードが挿入しても使えなかったこと・・・今までいろいろな国でsimカードを差し込んできましたが、繋がらなかったのは初めて。

 

2時間強、乗り継ぎにために待機をして、午後3時半のフライトでオレゴン州ポートランドへ。

 

空港からはトラムに乗って市街地へ。

E3e37c3c496c404b95497b845a5b1a48

↑ 空港からホテル近くの市街地まで40分弱

 

午後7時にチェックイン。

 

夕食をとるレストランを探しながら、少し街を散策。

3af68a300dd1466fbd1cf7c94c7c8894

3ec4aea822b04b5e902549e85a4899fb

↑  市内の中心も流れているウィラメット川

 

緑が多く感じる街並みですが、そこかしこに路上生活者の姿が。

 

先日、KAI USAの五十嵐さんから、「ホームレスの人が多いですよ」とは伺っていたのですが、想像以上でした。

95ba8a235fec4403bf8e7615ce616038

↑ 食事はいろいろと歩いた中で美味しそうだったレストランへ・・・ボリュームたっぷりでお腹いっぱい

 

英語・・・アメリカ人は容赦ないですね(苦笑)。

 

ホテルでもレストランでも、こちらの英語のレベルを気にせず、スピードを緩めませんからね。

 

現在、ポートランドは午後11時・・・25日という意味では長い1日でした。

 

明日はKAI USAの工場や刃物を扱っているショップの視察する予定です。

 

2019年6月25日 (火)

6月議会が閉会、アメリカ出張に向けて出発

 

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ。

 

市役所に入ってから、打ち合わせや決裁など。

 

 

午前10時から、6月議会の本会議(5日目)。

 

 

提案をしたすべての議案について、全会一致もしくは賛成多数で承認・可決をいただきました。

 

 

午前11時過ぎに自宅に戻って、アメリカ行きの最終的なパッキング。

 

 

スーツからジャケパンに着替えて、午前11時50分に自宅を出て中部国際空港へ。

 

 

中部国際空港で随行してくれる職員のYさんと合流。

 

 

アメリカでお渡しするお土産や資料がかさみ、Yさんのスーツケースに入りきれなかった荷物を私のスーツケースへ。

 

 

重量を計ったら24キロちょうど・・・預ける荷物の重量は23キロまでですが、スタッフの方によると23.9キロ大丈夫だそうで・・・ただ、今回はそのまま預かってもらえました。

506ee1ed1aa14ea489f622cca893b605 

↑ ジャージー素材のジャケット、ユニクロのパンツ、吸水速乾のノンアイロンシャツ、いつものテクシーリュクスの革靴・・・公的な面談でもギリギリ失礼にはならない服装で

 

 

午後2時50分のフライトで成田空港へ。

 

 

現在、成田空港でロサンゼルス行きのフライト待ち。

 

 

ロサンゼルスで乗り継ぎ、最初の目的地のオレゴン州ポートランドに向かいます。

 

 

2019年6月24日 (月)

青山製作所が新工場を建設して関市に進出、6月定例の記者会見、ロコトレDVDおよび高齢者等見守りシールの無料配布スタート、消防操法大会に向けての結団式など

 

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ。

 

市役所に入ってから、打ち合わせや決裁など。

 

午前9時20分から、自治労県本部・市労連から要望書の受領。

 

職員の確保・福利厚生の充実など、目指す方向性としては同感ですので、八艘跳びとはいきませんが、改善をしていきたい、と思います。

 

午前9時35分から、写真家の平田宰晧さんと面談。

 

先日、メディアコスモスでのニューヨークでの写真展を拝見しましたが、今週からの訪米日程の中で私自身もニューヨークに行くので、現地で平田さんが写真を撮影したお店に写真集を届けることに。

 

午前10時から、愛知県大口町に本社のある株式会社青山製作所の青山幸義・社長と会見前に面談。

 

午前10時5分から、「株式会社青山製作所と関市との企業立地協定」締結式。

 

自動車関連のナット・ボルト等を製造されている青山製作所が、この度、以前から所有されていた黒屋の土地に、工場を建設して新たに進出いただけることになりました。

 

今後、全体で約100億円の投資を予定されており、まずは売上高40億円規模からスタートして、将来的には売上高90億円を想定されています。

 

雇用については約60名ほどで、その中で10名は新たな採用を計画されています。関市にとって、雇用・税収の面でありがたい限りです。

65133626_2241620749206395_41171131813089
↑ 青山幸義・社長と記念撮影・・・青山社長は44歳で私より若い経営者です

 

午前10時半から、毎月定例の記者会見。

 

今日はいつもより多く発表しましたが、その中のいくつかをまずはお知らせ。

 

関市は高齢者の方に対して、特に「ロコトレ体操」に力を入れています。高齢になっても、筋肉をしっかりと維持して運動機能の衰えを防ぎ、寝たきりにならないよう、「貯金」ではなく「貯筋」をしよう、という活動です。

 

多くの方にロコトレ教室に参加をいただいているのですが、「行きたいけれど、会場まで遠いので行くことができない」というご意見もありましたので、今回、ロコトレ体操のDVDを作成して無料配布することにしました。

 

近くの集会場などで、徒歩や自転車で集まっていただき、楽しみながら気軽にロコトレ体操に取り組んでいただければ、と思います。

 

また、DVDを再生する機器がない・・・というところもあると思いますので、5万円を上限として機器購入の補助も行います。

 

Photo_20190624175602

 

また、新しい事業として、「関市高齢者等見守りシール」の無料交付をはじめます。

 

防災無線やあんしんメールで、行方不明者の捜索への協力依頼が関市でもよく流れると思います。高齢者の方が増えるにつれ、認知症の方も増えています。

 

今回の見守りシール交付事業は、無料で関市が配布したQRコードが付いたシールを、衣服・靴・杖などに貼っていただき、万が一、行方不明となったときに、発見された方がQRコードを読み取っていただくと、あらかじめ登録されたご家族にすぐに発見メールが届くというもの。

 

認知症の方を地域で見守り、ご本人・ご家族のために早期発見につなげることができれば、と思います。

Photo_20190624175603

Photo_20190624175601

 

また、以前からブログでも書いている通り、明日6月25日から7月2日までアメリカを訪問しますが、日程案について公表しました。

 

Photo_20190624175604

 

今日の会見でも話したのですが、もっとも心配しているのは集中豪雨等の災害・・・昨年も7月頭から警戒体制が続いていました。

 

すべての訪問先には、関市で大雨特別警報等が発令された場合には、すべての予定をキャンセルして帰国する旨、お伝えをして了解をいただいています。

 

午後は明日の出発に向けて荷物のパッキング・・・切羽詰まって、やっと本気になって準備しましたよ(苦笑)。

Img_4863
↑ 現時点でだいたい18キロぐらい・・・ここから荷物が少し増えるので約20キロ・・・でしょうか

 

夜は午後7時半から、県消防操法大会に関市代表として出場する田原分団の結団式。

 

昨年は久しぶりに洞戸分団が10位入賞・・・今年の田原分団も期待できるのでは、と思います。

 

 

 

2019年6月23日 (日)

関市で再び豚コレラ発生、関市自衛隊父兄会の総会、大野泰正・参議員の後援会事務所開き、都竹・飛騨市長の御尊父様のお通夜に参列など

 

昨晩は午後10時半ぐらいに、関市の養豚場での豚コレラ発生はほぼ確定、という連絡あり。

 

関市内での大きな養豚場は昨年末に豚コレラが発生した肥田瀬の養豚場と、今回の東田原の養豚場の2つ・・・残っていた養豚場での豚コレラの発生により、関市内の養豚はさらに極めて厳しい状況となります。

 

昨日から、担当課長とは何回か電話で打ち合わせをして、今朝も含めて関市としての対応の確認など。

 

午前10時から、アピセ関にて「関市自衛隊家族会」の総会に出席。

 

今日の関市での再びの豚コレラ発生を紹介しつつ、昨年末の肥田瀬での豚コレラ発生では、自衛隊の皆さんに年末の寒さの厳しい状況の中で支援をいただいたことに改めて感謝を申し上げ、今後、関市でも発生するかもしれない大地震や大規模水害等についても、関市と自衛隊との日ごろの連携をとりながら備えていきたい、という旨のご挨拶。

 

挨拶で抜けさせてもらい、岐阜市の水産会館へ・・・大野泰正・参議院議員の後援会事務所の開所式。

 

会場に入りきれない人でいっぱいでした・・・が、神事が終わったところで、前方の席にわざわざご案内をいただいて恐縮でした。

Img_4859
↑ 大野泰正・参議員のご挨拶

 

大野・参議員には、関市や岐阜県からのさまざまな要望に対して、常に真摯に対応をいただいています。

 

その後、清流文化プラザの「骨格とホネ 二人展」へ。

 

金丸信さんは、洞戸中学校の出身・・・金丸さんが中学生時代、何回かフラリと立ち寄った中学校訪問の中で、素晴らしい作品を見させてもらっていました。その後、中濃特別支援学校を卒業。

 

Img_4861

 

中学校時代の作品も目を見張るものだったのですが、それからさらに進化を遂げていて、嬉しく楽しく作品を拝見させてもらいました。

Img_4860
↑ こちらは洞戸中学校時代の作品・・・中学生離れしていますよね

 

アメリカ出張前に、県図書館・岐阜市図書館で借りていた本をすべて返却。

 

一旦、自宅に戻ってから、午後3時にユックリとした8キロのジョグ。

 

午後5時に自宅を出て、一路、飛騨市へ。

 

都竹・飛騨市長の御尊父様のお通夜式に参列・・・大勢の方が参列されていました。

 

喪主としての都竹・市長のご挨拶は、御尊父様の人となりがよく伝わり、想いのこもったものでした。

 

午後8時に終了し、午後9時半過ぎには帰関。

 

 

2019年6月22日 (土)

板取あじさい村・開村式、だいちまつりなど

 

最近、全般的に睡眠時間が短めなので、昨晩は午前11時には就寝。

 

午前9時過ぎに自宅を出て、板取の「あじさい村 開村式」へ。

 

今年は6月29日(土)・30日(日)の2日間が、「関市板取あじさいまつり」のフェスティバルですが、アメリカ出張中で不在のため、例年は出ていない事前の「開村式」に出席しました。

65185211_2265009470260745_16062314055016
↑ 今日は板取小6年生の5名が、「あじさい村 村長」に就任・・・板取地域・あじさいの魅力を子ども達が発信します

 

Img_4850
↑ 村長の5名の子ども達と一緒に看板の除幕式

 

今年は例年より開花が遅めのようですので、あじさいフェスティバルがちょうど見ごろになるかもしれません。

 

あじさいまつり・あじさいフェスティバル、多くの方のご来場をお待ちしています。

 

また、今日は「モネの池」も朝から多くの方にお越しをいただいていました。観光バスも入れ替わりで4台ほど来ていましたし、一般車両も他県ナンバーも多く。

 

先日も朝日新聞で紹介をされたようですので、その効果も大きいのかもしれません。

 

Img_4851
↑ 開村式の後、「モネの池」近くの「風土や」にてコーヒーをいただきました

 

続いて、下有知にある福祉サービス事業所「だいち」の「だいちまつり」へ。

Img_4852
↑ こちらではおいしいカレーライスをいただきました・・・300円とお値打ちでした

 

販売していたパンもいくつか購入して帰宅。

 

午後は、洗濯物を何回か干し、読みかけの本を読み進め。

 

明々後日にはアメリカに出発するため、少しだけ荷物の整理など。

 

途中、午後2時過ぎに関市の養豚場で豚コレラの疑いあり・・・と、県を通じて農林課から連絡あり。

 

夜は同期生数人との懇親会が入っていましたが、万が一に備えて急遽、欠席に・・・1ヶ月以上前から日程調整をしていたので、申し訳なかったのですが・・・。

 

夕方、週末のユックリとした10キロのジョグ。

 

午後6時に、職員の御尊父様のお通夜前に弔問。

 

御焼香だけ上げさせていただきました。

 

現在は午後8時・・・豚コレラの最終結果が出るまで、自宅で待機中です。

 

 

2019年6月21日 (金)

広見区から要望書受領、最高幹部会、国保運営協議会、日本商工会議所の三村会頭が来関、獅子舞保存会・中濃体育協会の懇親会

 

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ。

 

市役所に入って、打ち合わせや決裁など。

 

午前9時半から、広見区役員の皆さんから要望書の受領。

 

来月下旬、今回の要望書に対する回答をする市政懇談会を開催することになっています。

 

午前10時から、部長級以上の最高幹部会。

 

最初の挨拶では、本会議での初答弁となった部長に対して、声を大きく答弁した方がよい、とアドバイス。同じ答弁内容でも、声が小さいだけで自信がない答弁に聞こえますからね。

 

平成30年度決算の速報値などを確認。

 

その後、いくつかの課と打ち合わせ。

 

午後1時半から、市役所6階会議室にて、国保運営協議会に出席。

 

新しい3年間の任期の委嘱状をお渡ししてからご挨拶。

 

昨年度から国保の運営主体が関市から岐阜県へ・・・それに伴い、関市として課税方法を見直し、かつ、税率を引き下げました。

 

加入者の皆さんの負担を抑えるために引き下げたのですが、今年度、昨年度に比べて県に支払う納付金が大幅に(3億2千万円、12.55%)アップしました。

 

今年度については、加入者の皆さんに負担を求めることなく、国保特別会計の中でやりくりをして県に納めますが、来年度以降、今回と同じような納付金を求められたり、さらに増額された納付金となったりする場合も考えられます。

 

基本的な考え方としては、6月議会でも私から答弁をしたのですが、まずは国保特別会計にある基金(貯金)を活用して加入者の皆さんの負担を抑えたい、と思いますが、それでも足りない場合や持続可能性がないと判断したときには、一旦、引き下げた国保税率を再び引き上げることも考えなければいけません。

 

午後1時50分に、文化会館大ホールにて開催されていた、めぐみの農協通常総代会に遅れて出席。

 

私が到着する前、挨拶をされていた理事の方が、突然、壇上で倒れられたそうで、救急車が到着をして理事の方を病院へ運ばれるところでした。命に別状はない、とのことでひと安心。

 

しばらくしてから、総代会が再開されて来賓あいさつなど。午後2時半に抜けさせてもらいました。

 

午後2時50分から、新しく役員が改選された関市体育協会の皆さんと面談。

 

理事も大幅に入れ替わったそうですので、さらに活発な活動をいただくように期待しています。

 

午後3時半前に、関鍛冶伝承館へ。

 

今日は関市に、日本商工会議所の三村明夫・会頭等が視察に来ていただけるということでご挨拶に伺いました。

 

その前には、坂井勇平・会頭のご案内で、ナイフミュージアムにも立ち寄られました。

Img_4845
↑ 古式日本刀鍛錬を観ていただきました

Img_4846
↑ 刀匠体験をされる三村会頭

 

その後、関鍛冶伝承館内を観ていただき、続いてフェザーミュージアムも鑑賞。

 

関鍛冶伝承館では欧米系のご家族5名が来館中・・・どこからいらっしゃったか、お尋ねをしたら、お父さんが名古屋に住んでいて、今回は家族がカナダから遊びに来た・・・ということでした。

 

フェザーミュージアムで三村会頭をお見送りをしてから、一旦、自宅へ。

 

午後7時から、ラ・マーレにて関市獅子舞保存会の懇親会に出席。

 

昨年度、大きな節目の50周年を迎えられ、新しい令和の時代に51年目がスタートしています。

 

どの団体も課題は同じで、会員数が少なく高齢化が課題となっています。ただし、数は少なくとも小学生・中学生もメンバーとして入ってくれているのが光明です。

64767392_629018457617787_894657078342608
↑ 私の後ろにある看板・・・「保存会」ではなくて、「存保会」となってますね・・・毎年、看板は見ていたのですが、今日、初めて気付きましたよ

 

午後7時45分に関観光ホテルにて、午後7時から始まっていた中濃体育協会の情報交流会に遅れて参加。

 

すでに懇親会が始まっていたので、短くご挨拶。

 

遅れて参加したこと、大勢の参加者だったことを理由に、今日は会場をひと回りせず。

 

最後はタクシーで帰宅。

 

 

2019年6月20日 (木)

小迫間自治会から要望書受領、人権擁護委員協議会にて講演、KAI USAの五十嵐さんと面談、東海金属工業・進興精工の工場訪問、自治防犯防災会の総会など

 

今朝は走らず・・・というより走れず。

 

市役所に入って、打ち合わせや決裁など。

 

午前9時半から、小迫間自治会役員の皆さんと面談。地元ということもあって、もともとの知り合いの方ばかりですから気軽に意見交換。

 

午前10時から、人権擁護委員協議会の武儀部会において講演。

 

平成30年7月豪雨の対応と、今年度、重点的に取り組んでいる防災・減災対策について。質疑応答も含めて45分間ほど。

 

その後、打ち合わせなど。

 

午前11時半から、関信用金庫の櫻井広志・理事長と新しい役員の方が来訪。

 

年々、出展企業数や来場者数が増えている「ビジネスプラス展」や、累計で5,000件の相談件数を超えた「セキビズ」など、関信用金庫さんとは地域経済の活性化のために、いろいろ組ませてもらってます。

 

その後も打ち合わせなど。

 

午後1時半から、KAI USA株式会社のの五十嵐宏さん等と面談。

 

来週25日からアメリカ出張において、オレゴン州ポートランドにあるKAI USA株式会社の刃物工場を視察させてもらう予定となっています。

 

今回、来日されているということで、お忙しい中、お時間を割いていただきました。

 

現地でお会いする前に、事前にご挨拶を含め、いろいろとお話ができてありがたかったです。

 

午後2時10分から、稲河町にある東海金属工業株式会社を訪問。

 

今日は杉山博之・会長と山田一成・社長にご対応をいただき、会社の沿革や業務概要について教えていただきました。

 

以前は鉄メッキがメインだったそうですが、県内でも数が少ない樹脂メッキに事業を転換され、蛇口ハンドル・シャワーヘッド等の水洗部品や自動車等の部品を取り扱っていらっしゃいます。

 

樹脂メッキをした部品を見ると、これまで真鍮や鉄でできている・・・と思っていた部品が、プラスチックにメッキ処理がしてあることが分かって驚きました。

Img_4838
↑ 工場内のメッキ処理工程の一部

Img_4837
↑ なんと、わざわざ私とM課長用にメッキ処理したヘルメットを準備いただいていました・・・ピカピカです(笑)

Img_4840
↑ 山田一茂・社長と一緒に・・・私のヘルメットもピカピカです

 

また、社員の皆さんから、市政へのご意見なども事前にわざわざ紙に書いて、ファイルにまとめたかたちでいただきました。お一人ずつ、しっかりと読ませていただきました。

 

続いて、東田原の株式会社進興精工を訪問。

 

辻岡鋭史・社長と辻岡篤史・専務にご対応をいただき、同じく会社の沿革・事業の概要などをご説明いただきました。

 

もともと26年前に愛知で創業されたそうですが、事業拡張に伴い広い土地に移転を何度かされた後、6年前に関市内に進出をいただいたそうです。さらに隣地に新しい土地も購入予定ということで、関市に投資をいただけることはありがたいことです。

 

メインの取引先はヤマザキマザックで、工作機械の板金・製缶・組み付けなどが事業。

Img_4842
↑ 10段のタワーストッカー付きのファイバーレーザーマシン・・・珍しいそうです

 

工場は24時間稼働だそうで、夜間も3名の方が業務につくそうです・・・社長は、江南市の自宅から毎朝5時に出勤をされて、社員の方に声をかけられるそうです・・・なかなかできることではありませんね。

 

午後7時から、市役所6階会議室にて、関市防犯防災協会の総会に出席。

 

来賓のひとりとして、青パトなど日ごろの地域での防犯防災活動に対してお礼。

 

午後9時から、栄町の美っくすにて、有志で小瀬鵜飼を楽しまれた後の懇親会に参加。

 

10名ほどの少人数でしたが、久しぶりにお会いできた方もいて、いろいろお話しできました。

 

その後、同じく栄町のまほろばにも立ち寄ってから帰宅・・・JC先輩に送っていただきました。

 

2019年6月19日 (水)

日本刀研磨外装刀職技術展覧会の表彰、高校ぶうめらんの取材、関ライオンズのフィナーレ例会、中濃連合消防協会の意見交換会など

 

今日は市役所に午後3時半に入ればよかったので、朝はユックリといつもより少し長い8キロのジョグ。

 

ゴールデンウィーク中に公務なしの日がありましたが、そこからは1日何も公務が入らない日は今までなし。

 

完全な休みでないにせよ、たまに空いた時間があると気分的にも助かります。

 

洗濯物を干して、英語を少し勉強して、読みかけの本を読み進めたら・・・公務なしの時間は終了。

 

午後3時半に市役所に入ってから、打ち合わせや決裁など。

 

午後4時から、日本刀研磨外装刀職技術展覧会の表彰を受賞された皆さんが報告に。

64908142_2232398100128660_24012197717029

 

【作刀・刀身彫刻部門 作刀の部】 銅賞第一席 吉田政也 刀匠
【刀装部門 白銀の部】 金賞第二席 平田実 白銀師
                銀賞第一席 杉山英明 白銀師
【刀装部門 白鞘の部】 坂城町長賞 古川和幸 鞘師
【刀装部門 柄巻きの部】 金賞第一席 遠山和康 柄巻師

 

多くの皆さんが素晴らしい作品で表彰されました・・・関市としても嬉しいですね。

 

午後4時半から、高校ぶうめらんの取材で、関高3年生の生徒がぶうめらんの北村さんらと来訪。

 

市長の仕事は何か、なぜ市長になったのか、若者へのメッセージなどなど、45分間の取材を受けました。

 

自分自身の枠や殻を決めつけず、特に若いときには新しいチャレンジを続けて欲しい、というのが若い世代へのメッセージ・・・決して、大きなことばかりを指しているのではなく、ほんの小さなことでも良いので。

 

人間、劇的に一瞬で生き方が変わる人もいないわけではないでしょうが、ほとんどの人は、毎日毎日の小さな小さな積み重ねの中で、少しずつ成長をして変わっていくのだと思います。

 

成長と変化は、日々の当たり前の生活の中にある、と考えています。

 

その後、打ち合わせなど。

 

午後6時15分から、ラマーレにて関ライオンズクラブのフィナーレ例会。

 

今年2月、ラオスでの学舎寄贈式に私も教育長と一緒に同席をさせていただきましたし、また、1月には子ども達4名をラオスまで連れて行っていただきました。

 

関中央ロータリークラブでは、台北の景文高校と関商工の交流事業を行っていただいていますし、シンガポールへの中学生海外研修、9月の南アフリカ代表チームの合宿、来年の東京オリンピック・パラリンピックのコートジボワールのホストタウン、来年の市制70周年式典への姉妹都市である中国・黄石市の招待・・・など、国際交流の機会が重なります。

 

特に子ども達には、故郷である関市のこともまずは知ってもらいたい、と思いますが、同時に、世界にも目を向けてくれたら、と思います。

 

懇親会の途中で失礼をして、みの観光ホテルですでに始まっていた中濃連合消防協会の意見交換会に1時間遅れで合流。

 

先日の「せき市民防災フェア」の話などで盛り上がり、中濃県事務所長や消防団の皆さんとワイワイと。

 

流れでさらにもう一軒・・・ということになり、関市の「一楽」さんにて。

 

最後はT副団長に送っていただきました・・・(らしいです(苦笑))。

 

 

2019年6月18日 (火)

池尻区から要望書受領、100歳のお祝い訪問、県市町村振興協会の評議員会、ラグビーキャンプ推進委員会など

 

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ。

 

市役所に入って、打ち合わせや決裁など。

 

午前9時半から、池尻区役員の皆さんから要望書の受領。

 

課題となっている防災堤の整備について、国の方でも徐々に動きつつありますので、今後、関市としても連携した動きをとっていきたい、と思います。

 

午前9時50分から、都市計画審議会の山田武司・会長から先日の諮問に対する答申を受領。

 

審議会では活発なご議論をいただいたようですので、ご意見やご指摘を受けたところを修正をして、今後、県との協議に入っていきます。

 

その後、打ち合わせなど。

 

午前11時に、上大野にて100歳のお祝い訪問。

 

耳が遠くなっていらっしゃいましたが、お元気で肌もつやつやの女性の方。

 

好き嫌いなく何でも食べられて、昔から前向きで明るいご性格だったそうで、今でもお変わりないそうです。

 

ご家族の方とも、円空仏の話やお寺の話や落語の話など・・・いろいろお話をさせてもらいました。

 

午後1時50分に、側島にて100歳のお祝い訪問。

 

こちらもご自宅で過ごしていらっしゃる、お元気な女性の方。

 

関市からのお祝いを最初にお渡ししたとき、「ありがとうございます。市長さんによろしくお伝えください。」と仰ったので、「私が市長なんです。」とお伝えしたら、えらく恐縮をされて何度もお詫びをされたので、逆にこちらが恐縮してしまいました。

 

こちらでもご家族の方と、短歌の話などで懇談。

 

午後3時から、ふれあい会館にて県市町村振興協会の定時評議員会に出席。

 

事業報告・決算、事業計画・予算の議決の他、新たな評議員・理事の選任など。

 

私も県市長会の副会長としての充て職でしたので、今日で新たな評議員の方と交代です。

 

午後5時から、みの観光ホテルにて武儀地区商工会協議会の総会に出席。

 

来賓のひとりとして、昨年7月豪雨災害を受けて、関市独自の中小事業所の事業再開のための支援策(8割補助・100万円上限)を出したが、結果として廃業される方が少なかったのは、せき東商工会の皆さんがこの制度の周知も含めて動いていただいたお蔭、という感謝のご挨拶。

 

被災された方から、特に被災直後は、「市長の対応が悪い」、「ボランティアの方には感謝はするが、市役所にはまったく感謝していない」とお叱りをいただきましたが、ある程度落ち着いてから、唯一、複数の方からお礼の言葉をかけていただいたのが、この独自の中小企業支援策。

 

被災地となって初めて分かったことがいくつかあるのですが、そのひとつは、行政からの支援金や民間からの義捐金は、地域で暮らす住民の方がメインの対象であり、そこで経済活動を営む民間事業所に対しては、大きな支援制度がない、ということ。

 

この支援策については、思い切った判断をして良かったな・・・と当時を振り返って思っています。

 

午後7時から、ラグビーナショナルチームキャンプ推進委員会。

 

まだ詰めていかなければならないことばかり。

 

職員もがんばってくれていますが、大変な中でも気持ちも姿勢も声の出し方も、すべて前向きで明るくないと。

Img_4814
↑ 先週末のグリーンフィールド中池・・・芝については良い状態を保っています

 

午後9時半には帰宅。

 

 

 

2019年6月17日 (月)

板取にて交通安全の督励巡視、小瀬区から要望書受領、6月議会の本会議(4日目)など

 

今朝は午前6時10分に自宅を出て、交通安全の四者督励のために板取白谷へ。

 

午前7時に集合して簡単な出発式を終えてから板取地域内を巡視・・・途中、板取小下にて交通安全指導で立っていただいてる皆さんに下車してご挨拶。

 

午前8時過ぎに解散。

 

市役所に入ってから、打ち合わせや決裁など。

 

午前9時半から、小瀬区役員の皆さんから要望書の受領。

 

各区・各自治会から多くの要望をいただきますが、一気にすべては無理にしても、少しでも要望に応えていけるよう、地域バランスも考えながら箇所付けをしているつもりです。

 

午前10時から、6月議会の本会議(4日目)

 

今日は3名の議員から一般質問。今日で本会議での質問は終わり、委員会審査に入っていきます。

 

今議会に限らず、それぞれの会派・議員から多くの代表・一般質問をいただく立場なのですが、「意志」や「思い」を感じるか否か、が質問の良し悪しを見分けるひとつの判断基準かな、と思います。

 

何を質問してもらっても自由なわけですが、「この件について、近年の数字を教えてください」とか、「これについて、関市の状況を説明してください」とか、もし知りたいと思えば担当課に電話して聞いてもらえれば、それで事足れり、という質問を繰り返される場合もあります。

 

こういう質疑応答が悪いわけではないのですが、たとえば数字や状況を尋ねるのであれば、その後に、「その数字をさらに良くするために、こういう事業をしてはどうか」とか、「そういう現況であれば、既存の事業をこう改善すべきではないか」という、問題意識に基づく意見・提案があることが望ましい、と思います。

 

事実確認だけを求める質疑を繰り返されると、その議員の方の「意志」や「思い」は那辺にあるのか・・・という雰囲気になりますね。

 

本会議終了後、打ち合わせや決裁など。

 

夕方、締め切りを過ぎていた、広報せきの市長コラムを執筆。

 

Img_4828
↑ 25日のアメリカ出発に向けて、やっとスーツケースを出せました

 

基本、部屋の床にスーツケースを出しっ放しにして、この1週間で少しずつ準備をしていきます。

 

2月にチェコで買ったトラベルケトルですが、電圧もコンセントもアメリカでは使えない・・・ということが今日分かったので新たに注文。海外のホテルでは電気ポットが置いてない部屋が多いですからね。

 

 

より以前の記事一覧

読了した本

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ