フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

日常

2019年3月13日 (水)

板取の蕪山登山へ

今日は公務なし。

 

朝は雨が降っていたこともあり、自宅でユックリとすることも考えたのですが、その後、少し晴れ間も覗いたので、前から登りたかった板取の蕪山(かぶらやま)へ。

 

上之保の城山(じょうやま)、武儀と武芸川の権現山、洞戸の高賀山はすでに登っていますが、板取だけ登っていなかったので気になっていました。

 

ロド☆スタで1時間強かけて21世紀の森へ。

Img_00031
↑ 駐車場には保健センター設置の案内看板・・・登る身からすると、こういう案内は助かります

Img_00041
↑ 登り始めは久しぶりに「株杉」にご対面・・・パワースポットです

Img_00071
↑ 前半部分はかなり急な坂がひたすら続きます

Img_00121
↑ 途中からは割と緩やかな上り

 

とにかく天候がコロコロと変わり、太陽の陽射しを感じたと思ったら、すぐに曇天となり、途中から細かい雪まじりの雨。

Img_00141
↑ 途中から雪がうっすらと積もっている景色に

 

この先、上に行けば行くほど、細かい雪まじりの雨から、徐々に雪が大きくなり、頂上に近づくとさらに本降り。

Img_00151
↑ 樹氷まではいきませんが、木々の枝は真っ白に

Img_00161
↑ 1時間15分ほどで山頂に到着

Img_00171
↑ 山頂から眺める景色・・・その1

Img_0018
↑ 山頂から眺める景色・・・その2

 

いや、もう吹雪となっていて雪以外、何も見えませんから(笑)。

 

山頂でエネルギーと疲労回復のゼリーを、凍えながら補給してすぐに下山。

 

降りれば降りるほど、雪も穏やかになり、気温が上がっていくのが分かります。中ほどまで降りたら雪はやんで、太陽の光もたまに出るように。

 

結局、トータルで約2時間15分間の蕪山登山でした。

 

いやぁ、さすが板取の山でした。

 

21世紀の森を出るときは雨が降ってきましたが、途中から雨も止んだので久しぶりロド☆スタをオープンにして帰宅。

 

自宅に戻ってから、シャワーを浴び、昼食をとり、洗濯をして、読みかけの本を読書。

 

Img4185
↑ 夜は久しぶりに革靴磨き・・・おそらく年末にやって以来なので、だいぶサボってました

 

2018年11月22日 (木)

今日は久しぶりに完オフ

昨日も書いた通り、今日は完全なオフな日。

 

今日の目標としては、眠ること、何もしないこと、外に出ないこと、考えないこと。

 

朝から晩まで家の中で、ユニクロのみで過ごしました・・・が、夕方、中3娘の習い事の送りだけはしましたが。

 

・・・というわkで、ブログに書くことが特にないのですが(笑)、少しだけ最近の雑感を。

 

つい最近、読み終えた本は渡辺京二さんの「黒船前夜 ~ロシア・アイヌ・日本の三国志~」。

51imtiy8cl__sx298_bo1204203200_

北方領土をめぐる最近の日本・ロシア政府の交渉の行方が気になるところですが、この本は1853年の黒船来航の前に、ロシアが日本に対して通商を求めたロシア・アイヌ・日本のそれぞれの動きや対応を丹念に追った本。

 

場合によっては、黒船来航の前にロシアとの通商が始まった可能性もあり、一方で、ロシアとの戦争が起こっていた可能性もあり・・・江戸時代のことながら、当時、何らかの事情・環境・偶然で対応に変化があれば、現在の北方領土をめぐる議論も起こっていなかったかもしれませんね。

2018年3月29日 (木)

台湾旅行(3日目)


昨晩は午後11時半過ぎにホテルに戻ったので、少し遅めの午前8時半にホテル発。

チェックアウトを済ませて、荷物だけフロントに預けて。


まず、三國志の英雄・関羽が祀られている行天宮近くのお店で朝食。


ローカルなお店で、お店のお母さんも日本語まったく話せませんが、そこは漢字の力で何とか麺と小籠包を注文。



↑ 私ひとりなら、ローカルなお店で食べるのが好きですが、子ども達と一緒だとなかなか・・・やっと今朝は念願かないました


トロミのあるスープと麺は美味しかったです・・・中に牡蠣が入っていたので、少しドキドキしましたが。


その後、行天宮へ。



↑ 龍山寺もそうでしたが、熱心なにお参りされてお経をあげている方がたくさんいらっしゃいました


続いて、台湾の原宿と言われているらしい西門町へ。



↑ 午前10時過ぎに行ったらお店が開いていなく・・・ほとんどのお店は11時開店でした


昨晩、高2息子は士林夜市で自分のお土産を買ったので、ここで中2娘がお土産を購入。


ホテルに戻って荷物をピックアップして、MRTで桃園国際空港へ。


窓口でイージーカードの不足額を、ピッタリ空港までの乗車料金にしてもらって残金ゼロに。


入国直後、1万台湾ドルをキャッシングしたのですが、最後の残金は約50円。結構、うまくやりきった感あります(笑)。


空港の無料ラウンジで時間調整をして、午後3時40分のフライトでセントレアへ。


現在、ミュースカイで新鵜沼駅に向かっている途中ですが、午後9時過ぎには自宅に戻る予定です。




台湾旅行(2日目)


昨晩は関中央ロータリークラブと台北南隆ロータリークラブとの懇親会は、午後6時半から20名ほどの参加。

両会長のご挨拶の後、私からも短く挨拶。

25年前に台中から台北まで歩いたことを紹介すると、皆さん、驚かれますし喜んでいただけますね。


今日は子ども達もご相伴に預かり、美味しい海鮮料理をいただきながら懇談。


今年の12月には関商工の生徒が、台北市の景文高校を訪問して交流することになっています。


今朝は午前8時前にホテルを出て、台湾の朝食の定番である豆漿を食べに、ガイドブックに掲載されていたお店へ・・・行ったら休業日。


そのお店の近くに行列ができていたお店があったので、予定変更でその豆漿店で朝食。



↑ 私は美味しく食べましたが、息子と娘は味になじめなかったようで


その後、故宮博物院へ。

MRTでの移動がメインですが、場合によって日本より安いタクシーを使ったり。今日は故宮博物院までバスに乗ってみました。




↑ お目当てはこの翡翠の白菜・・・思ったより小さくてビックリ


次に台湾で小籠包といえば名前の上がる鼎泰豊へ。

空いているという情報があった天母のそごう店に行ったら、並ばずに入れました。



↑ 薄い皮が特徴でやはり美味しいですね・・・これはビールの写真ですが(笑)


その後、台北101タワーへ。



↑ 高さ508m・・・さすがの眺望ですが、一人2,000円強まで払って見るものではないですかね・・・私ひとりなら登らなかったでしょうが子どもが希望したので


続いて、台北駅で台鉄に乗り換えて瑞芳駅へ。各駅停車で50分ほど。

そこからタクシーで九份へ。



↑ 平日昼間ですが、大勢の観光客で賑わっていました


帰りは逆ルートでホテルへ。


九份への行き方はいろいろありますが、鉄道とタクシーの組み合わせはなかなか便利でコストも安め。



一旦、ホテルに戻って休憩。


午後6時半過ぎにホテルを出て、徒歩で夕食へ。


適当に歩いていて決めたのですが、焼餃子と水餃子のお店・・・美味しくて、かつ、リーズナブルでした。



↑ こちらは水餃子


午後8時から、タイペイアイにて予約していた京劇を観劇。






折角なので・・・と予約しつつ、子ども達の事前の評価は低かったのですし、私自身も(まぁ、一応は観ないと・・・)と思っていたのですが、良い意味で予想が裏切られ、素晴らしい1時間でした。



次に、今月オープンした「銀座酒向BAR」へ。

銀座の「酒向バー」の支店で、関市出身の酒向さんが経営されています。



↑ 子ども達もノンアルコールのフルーツジュースをいただきました


最後に士林観光夜市を覗いてからホテルへ。











2018年3月27日 (火)

台湾旅行(1日目)

今朝は午前6時15分に自宅を出て、妻に送ってもらって新鵜沼駅へ。

そこからミュースカイに乗ってセントレアへ。


チェックインしてから、無料ラウンジで時間調整してから、午前9時40分発のフライトで台北へ。



↑ いちばん前に見えているのが、息子と娘の頭・・・後ろから見ていて(大きくなったなぁ)と


約3時間のフライトで、桃園国際空港に到着。キャッシングや地下鉄のICカード購入で多少バタつきましたが、何とか地下鉄に乗って市内へ。

ちなみに入国手続きのときに「健ちゃん!」と声をかけられたのですが、各務原からのご一行様でした。


まずは中正紀念堂へ。

大学2年の夏合宿、台中から台北まで歩いたときの、ゴール地点はこの中正紀念堂・・・25年ぶりの訪問。



↑ この中正紀念堂前で全員で輪になって校歌を歌いました・・・変な集団だったでしょうね(笑)



↑ 蒋介石・総統の銅像


ちょうど2時となったので、衛兵交代の儀式を見ることができました。


その後、台湾といえば小籠包・・・ということで、中正紀念堂近くの杭州小籠湯包へ。



↑ 現地で食べると、やはり美味しく感じます


続いて、総統府へ・・・日本の植民地時代の総督府。子ども達にも見せたかったので。



↑ 建物の配置は上から見ると「日」となっているそうです


その後、龍山寺へ。



↑ 私たちも含めて観光客もいましたが、それ以上に地元の方が熱心にお参りされていました


すぐ隣の露店が並ぶ通りを冷やかしてからホテルにチェックイン。


今日はこれから、関中央ロータリークラブと友好クラブである台北南隆ロータリークラブとの懇親会に出席します。


今回、家族旅行のつもりでしたが、ちょうど関中央ロータリークラブの方も台北を訪問するということで、今晩だけ半分公務のような感じとなってます。

このため、今回の服装はジャケパン・革靴です・・・

2017年8月12日 (土)

再び空を切り土を穿つ、

今朝は午前6時過ぎに、高校同級生Mに迎えに来てもらって、空を切り、土を穿ちに。

 

午前7時過ぎからスタート。

 

今日はスルーだったのですが、午前中はほとんど曇っていて、少し雨が降るような天気だったので、それほど暑くもなく助かりました。

 

とはいえ、熱中症にならないよう、水分補給は気を付けましたが。

 

20170812081723

 

 

今日は高校同級生3人でまわったのですが、他の2人も調子が悪くて、このワタクシメがオナーになったのが5~6ホールありましたよ・・・ここまでオナーで打つのは、一生で今日が最後でしょう(笑)。

 

正午前には115という数字が出現。前回よりは当たったのですが、結局、グリーン上でパターとのお遊びが多かったですね。

 

ワンオンして、4パットとか・・・いやはや、もう(苦笑)。

 

お風呂に入って昼食をとって帰宅。

 

 

午後、クリーニングにシャツを取りにいったのですが、さすが、素人ではシワがとれないシャツも綺麗にプレスされてますね(・・・まぁ、それを求めているから当然なのですが)。

 

自分でもカジュアルシャツをアイロンがけ。

 

 

その後は、読みかけの本を何冊か読み進め。

 

 

休みをもらった3日間、初体験シリーズとしてミュージカル「RENT」・文楽「本朝廿四孝」・「大エルミタージュ展」の鑑賞、スポーツとしてジョグ・トレジョグ・ゴルフ、何冊かの読書・・・と、やろう、と考えていたことはできました。

 

 

あと足りていないのは・・・お盆で帰省している高校同級生達との懇親会です。

 

これから行ってきます。 

2017年6月25日 (日)

先月でこのブログ「日刊オゼ☆ケン通信」もまるまる10周年を迎えたのですが、今日、久しぶりに10年前の投稿を見てみました。

 

当時、34歳・35歳の当選1回目の市議会議員。

 

写真をあまりアップしていなかったり、読んだ本の紹介だけで終わっていたりするところが気になりますが、それでも市議会での一般質問の内容や市政の現状など、がんばって書いていたなぁ・・・と懐かしく。

 

Photo_11


Dsc_2048_2

自分が写っている写真は少ないのですが、探したらちょっとだけアップしてました。

 

・・・いや、やっぱりそれなりに若いわぁ(笑)。

 


さぁ、明日は6月議会の最終日です。

2017年6月17日 (土)

久しぶりに迫間不動へ、各務原イオンにて関市PR映像など

今日は1ヵ月半ぶりくらいに公務ゼロの日。

 

思う存分寝てやろう・・・と思いつつ、やはり年をとったのか、起きてしまいますね。

 

妻は仕事だったので、洗濯物を干し、ルンバに手伝ってもらいつつ掃除機かけ。

 

 

昼前に久しぶりに迫間不動へ・・・ジョグと違い、かなりのまとまった時間がないと山には来れません。

 

20170617120335
↑ まずは明王山へ


20170617120753
↑ 暑い日でしたが直射日光は避けられます


20170617122213
↑ 猿啄城から

 

今日は久しぶりということもあってか、下り坂では何度か足を滑らせて転びそうになり、平坦な道で根っこにつまづいて、前方に勢いよく転んでしまいました。

 

たまたま下は落ち葉などで柔らかかったのですが、もし岩や石があったら、ケガをしていたかもしれません。

 

幸いにして、足を擦りむいただけでした。

 

駐車場に戻ってから、はさま産直市場で甘夏等を買い物。

 

 

自宅に戻ってから、中2娘と一緒に各務原イオンへ。

 

関市への移住定住・ふるさと納税のPR映像を、現在、各務原イオンの全スクリーンで上映してもらっています。

 

今日、映画上映前にしっかりと映像が流れましたよ。

 

映画のタイトルは記しませんが、勝手な感想を書けば・・・凡作ですね。

 

 

そういえば先日の瀬尻小2年生での読み聞かせ。

 

2さつの本を読み終わった後、担任の先生が、

 

 「絵本の感想を言える人はいますか?」

 

との問いかけで、最初に先生にあててもらって立った児童。

 

 「聞きやすい声で良かったです。」

 

(そっちか~い!)と笑ってしまいました。

 

2017年5月 5日 (金)

鎌倉大仏までなんちゃってトレラン、葉山の神奈川県立近代美術館などへ

昨晩は川崎市から妻の叔父・叔母夫婦も一緒にバーベキュー。

 

妻の親戚の皆さんとは鎌倉に住んでいた時代から、よく一緒に飲ませてもらいました。

 

今朝、起きたらシャツのまま寝てました(苦笑)。

 

 

午前9時前になんちゃってトレランへ・・・このためにウェアとシューズを持ってきました。

 

葛原岡神社から大仏ハイキングコースを通って長谷寺へ。

20170505094750
↑ 向こうの方に大仏さんが写っているはずですが・・・

 

今日はGWで天気も快晴だったので、多くの家族連れがハイキングを楽しんでいらっしゃいましたよ。

 

帰りは鎌倉にある七つの切通しのひとつである「大仏切通し」を通って戻り。

20170505095738
↑ 写真がボケてしまっていますが切通しです

20170505100221
↑ 妻の実家の近くに「日本トムソン」があります・・・関市にも美濃市にも工場がありますね

 

綺麗に咲いていたツツジやウグイスの鳴き声を楽しみながらの1時間強。

 

 

午後から、妻の祖父母のお墓参りで鎌倉霊園へ。

 

鎌倉霊園には杉原千畝さんのお墓もあるということで、一緒にお参りをしてきました。

Img_9123_2

その後、逗子市にあるバレエショップで中2娘のレオタードなどを購入してから、葉山町にある神奈川県立近代美術館<葉山館>へ。

 

Img_9124

 

コレクション展を鑑賞・・・岸田劉生の「麗子像」のほか、藤田嗣治の作品なども見れて良かったです。

 

美術館にある海の見えるレストランで遅めの昼食をとった後、近くにあった「山口蓬春記念館」へ。

 

文化勲章も受章している日本画家ですが、名前も初めて知りました。

 

自宅を記念館に改装していて、作品展示とともにアトリエなどは当時のまま残してあって、なかなか見応えがありました。

 

Img_9127
↑ アトリエから見える庭も美しかったですよ

 

最後に海を見てから鎌倉へ。

Img_9129


 


これから妻の実家を出て、関市に戻ります。

2017年3月30日 (木)

韓国ソウル(2日目)


今朝は午前8時過ぎにホテルを出発。


少し歩いたところで、地元の皆さんも行くような食堂で朝食・・・普通であれば、身体が温まるものを食べるべきですが、昨晩から冷麺を食べたかったので、朝っぱらからチョイス。



↑ 本場の冷麺は久しぶり


そこから歩いて、景福宮と世界遺産の昌徳宮へ。


たまたまですが、今日は文化の日だそうで、景福宮も昌徳宮も入場料が必要ないとのことでラッキーでした。


↑ 光化門が建っている場所は、日本統治時代、朝鮮総督府があったところです




↑ 景福宮ではちょうど守衛交代のパフォーマンスが観れました


30人くらいの出演者がいましたが、私の立場からすると内容云々より、パフォーマーはどういう人たちなのか・・・と、現実的な面が気になるのですが、どうも徴兵された韓国軍が担当しているようです。


景福宮から歩いて昌徳宮へ。

こちらは梅や蝋梅が美しく咲いているのが印象的でした。







昼食は昌徳宮近くに食堂街があって、開店前に行列ができていたお店があったので、よく分かりませんでしたがそのお店に入ってみました。



↑ チヂミの盛り合わせ・・・の他に、名物は大きな餃子入りのスープや麺だったようです


その後、韓国伝統のお店が並んでいる通りを歩いて、エステに向かう妻だけ別れて、子ども達と3人で国立中央博物館へ。



↑ この国宝である半跏思惟像を見るために行ったようなものです・・・日本の中宮寺の半跏思惟像と似ていますね



妻と合流してから、午後5時からNANTAの鑑賞。



↑ ビルの3階が劇場です


ロングランの人気があることは知っていましたが、実際に見てみると人気の理由が分かりました。


老若男女も関わらず、国家も人種も関わらず、とても楽しむことができました。



韓国最後の夜は焼き肉。





昨晩もそうですが、普段なら食べ過ぎとなる量を押し込むぐらい食べました(苦笑)。


より以前の記事一覧

読了した本

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ